お金が欲しい人はまず「クラウドソーシングの副業募集」を見るべき!【在宅ワーク】

投稿日:

「毎月の給料に不満を感じている人」も多く、会社員の副業率は年々増えてきていますね。

最近では国も副業を認める方向に動いているのもあり、スキマ時間を利用して「在宅で仕事をする人」も多くなってきているようです。

今回はそんな時間や場所に縛られずに働くことができる「クラウドソーシング」について、稼ぎ方から実態について紹介していきます。

「給料の他にもうちょいお金が欲しい!」「今の給料じゃ生活が不安だ!」という人はぜひ!

クラウドソーシングってどんなことやるの?

クラウドソーシングサービスとは「ネットを通して仕事を依頼・受注できるサービス」のことです。

選べる仕事もめちゃくちゃ多いので、プログラムやデザインなどの専門的な仕事をすることも、ブログの記事作成やデータ入力などの初心者でも出来るものもいっぱいあります。

ちなみに「年間20万円以上」など、一定以上の収入を稼いでしまうと確定申告をする必要があるのでそこだけちょっと注意ですね。

自由だし、実績もできて、ストレスだって少ないぞ!

クラウドソーシングには特に大きなメリットして以下の3つがあります。

1つは「自分の好きな時間で仕事ができること」

特に主婦の人は空いた時間で仕事ができるので、家事や子育てとの両立がしやすいですね。

サラリーマンの人も通勤時間にライティング(記事の執筆)をするなど、スキマ時間を効率的に使っている人も多いです。

2つめのメリットが「スキルアップと実績獲得につながること」です。

クライアントによっては必要なスキルを一から指導してくれるマニュアル付きのところもあるので、一からスキルを身につけていくこともできます。

また、評価が貯まっていけば仕事の単価も上がる傾向にあります。

システムに慣れるまではまずタスク案件(1回きりの案件)をこなし、その後継続的な仕事であるプロジェクト形式の仕事へ応募することをおすすめします。

そして3つめのメリットとして、個人的には「人間関係のストレスをあまり抱え込まずに働けること」がいいと思います。

仕事のやり取りもほとんどテンプレートでできますし、お金のやり取りもクラウドソーシングサービスで1クリックで出来るのでとても簡単なのがいいですね。

〆切りも緩いところが多いので、ストレスフリーで仕事ができるのは大きなメリットだと思います。

「コツコツやれる人」がネット副業に向いている

クラウドソーシングのデメリットとしてコツコツ続けられる人でないと挫折しやすいところが挙げられます。

自営業に近いので、仕事の時間が決まっていない分ダラけやすいんですよね。

そのため、なるべく自分の適性にあった仕事を受けないと長続きしにくいでしょう。

文章を書くのが好きな人はライターがおすすめですが、それ以外の人はあまりおすすめできません。

特に始めたばかりの時は文字単価もかなり低いので、ほとんどの人が挫折してしまいますね。

最初から完璧にこなすことができる人はいないため、自分に出来ることは何かを見極めながら着実にスキルアップしていくことが大切です。

クラウドソーシングの副業募集はどんどん増えていく

これからの時代、働き方もどんどん変化していきます。

政府も副業を推進するようにもなってきた昨今、さらにクラウドソーシングという働き方が増えてくるでしょう。

これからはクラウドソーシングサービスに対する福利厚生もどんどん増えてくると思います。

そのためにも今から少しずつ実績を貯めておき、業務の単価を上げていくことをおすすめします。

一方で「クラウドソーシング」について、ネットでは「稼げない」などの書き込みも多いのですが、始めたての時は評価がゼロのため、仕事があまり受注できません。

企業側から見てもやはり高評価の人に仕事を任せたいので、最初の頃は稼げないのが普通なんですね。

ライターなら文章を書くことやシステムに慣れるためにも一日も早く始めてみることをおすすめします。

おすすめは「1つのサービス」で評価と実績を貯めること

メジャーどころだと、「クラウドワークス」「ランサーズ」「Yahoo!クラウドソーシング」などがありますが、1番のおすすめはクラウドワークスです。

日本最大のクラウドソーシングサービスですし、5カ所くらい使った上で1番使いやすかったですね。

どこも無料で使えるので、自分に合うサービスを見つけるためにも複数登録してみるのもいいと思います。

ただ、評価を貯めるためにも1つのサービスに絞っていた方が効率がいいので、クラウドワークスだけにするのをおすすめします。

というのも、クラウドソーシングにはそれぞれ認定制度があり、評価が上がるほど単価アップや仕事の優先紹介をしてもらえるからなんですね。

プロのクラウドワーカーを目指すためにもメインで使うサービスをクラウドワークス、時間があるときの案件探しのために他のサービスを1つ使うのがいいと思います。

クラウドソーシングはこれからさらに需要が高まっていくので、自分にあった働き方をするための選択肢の1つとして考えてみましょう。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ネット副業100選

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.