Airbnbで起こりやすいトラブルと実際の評判まとめてみた【国内・海外】

世界中で民泊ができるサービス「Airbnb」

ホテルよりも安く泊まることができると、旅人の間で人気となっています。

また、家に空き部屋がある場合は、それを貸すことでお金を得ることもできますね!

とはいえ実際利用するとなると、

「他人の家に泊まるのは不安…」

「見ず知らずの人に部屋を貸して大丈夫なの?」

など不安に思っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、Airbnbで実際に起きたトラブルや、トラブルの対処法について紹介していきます!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開
おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】
Airbnbビジネスって副業としてどうなの?民泊で月20万円稼ぐ方法を特集!

Airbnbで起きたトラブルまとめ

Airbnbは、空き部屋を貸したい人(ホスト)と、部屋を借りて宿泊したい人(ゲスト)をマッチングするサービスです。

ホスト側は使ってない部屋を収入に変えることができ、ゲスト側はホテルよりも格安で寝泊まりすることができるため、双方にメリットがあります。

いわゆる「民泊サービス」ですね!

現在では、190ヶ国以上の国で利用されていて、世界中どこへ行っても利用することができると人気になっています。

そんなAirbnbですが、実はトラブルも少なくありません

どんなトラブルが起きやすいのか、紹介していきます。

女性がトラブルに巻き込まれるケースも...

Airbnbで多いのが、異性間でのトラブルです。

特にホスト側が男性、ゲスト側が女性という状態でトラブルの事例が多くなっています。

例えば「隠し撮り」です。

天井の火災報知器に盗撮カメラが仕掛けてあった…などの実例があります。

また、事例は少ないですが、性的暴行の被害に遭ってしまう可能性も十分考えられます。

こういった被害に遭わないためにも、女性一人でAirbnbを利用する際は、男性の一人暮らし宅は絶対に避けましょう。

宿泊先を選ぶ際に、女性ホストやファミリー宅に絞ることで、被害に遭う確率を下げることができます。

宿泊費の安さに惑わされて、危険なホストに遭遇してしまうことがないよう気を付けてください!

日本で起きた実際のトラブル

他にもAirbnbをゲストとして利用した際、様々なトラブルが起きています。

例えば、部屋の写真やホストの評価など、事前情報と実際の状況が全然違かったというトラブルも多いようです。

その他にも、以下の事例が多くありました。

  • Wi-Fiを利用できると書いてあったが、実際は使うことができなかった
  • 部屋の写真が良くて選んだが、実際行ってみると全然イメージと違かった
  • 親切に対応します!と書いてあったので安心していたが、いざ会ってみると常に不機嫌で何も説明してくれなかった

こればかりは実際に行ってみないと分からないことですよね。

ただ、こういったトラブルに遭う可能性を下げる方法はあります。

それは、宿泊先の評価をあらかじめ確認することです。

過去に問題があったホストには、必ずマイナスの評価が付いています。

そういったホストの評価をしっかりチェックしておくことで、ある程度トラブルを防ぐことができます。

海外でありがちなトラブル

Airbnbのトラブルは、海外でも多く起きています。

その中でも、特に多かったトラブルを2つ紹介します。

部屋が汚い、設備が悪い

部屋が汚かったり、設備が悪かったりなどのトラブルはありがちです。

https://twitter.com/nobuy_/status/1216384240163663874?s=20

日本は特に清潔感にこだわりが強い国です。

そのため、日本の間隔で他の国に民泊すると、どうしても差があるように感じてしまいます

他にも、トイレやシャワーなどの水回りは、あまり期待しすぎない方がいいかもしれません。

緊急時の対応

海外でAirbnbを利用すると頻繁に起こるのが、緊急時の対応によるトラブルです。

Airbnbは個人と個人とつなげるサービス。

そのため、何か問題が起きてしまうのは仕方ありません。

ただ海外にいると、問題が起きた後の対応でトラブルになってしまうことがあります。

特に危険なのが、追い出されてしまうことです。

最悪の場合、泊まる場所が無くなってしまうことも…

そうならないために、海外でAirbnbを利用する際は、ある程度準備をしておくことが大切です

トラブルが起きてしまった際の対処方法を決めておいたり、宿泊先を予備でもう1つ考えておきましょう。

ホスト側として部屋を貸す場合

ホスト側として部屋を貸す際も、少なからずトラブルはあります。

そこで、どんなトラブルが起きやすいのか、そしてその対処法を紹介します。

ホスト側で起きがちなトラブル

ホスト側として部屋を貸す場合に起きやすいトラブルを紹介します。

貸したものを勝手に持って帰られた

ゲストに貸したものを勝手に持って帰ってしまったというトラブルが多くあります。

特に食器やアメニティグッズ、ドライヤーなどが多いようです。

ただこれらのトラブルは、悪気があってやっていることではない可能性もあります。

文化の違いや意思疎通の不足が原因で起きてしまうので、事前に貸すだけのものと、持ち帰ってもらっていいものを伝えておきましょう。

タバコの臭い、壁やベッドの汚れ

悪質なゲストにあたってしまうと、部屋を汚していく場合があります。

例えば、部屋の中でタバコを吸ったり、壁やベッドを汚したりなど…

こういったトラブルを防ぐためには、受け入れるゲストの評価をしっかりと確認しておくことが必要です。

あまり評価が良くない、まだ利用した回数が少なくて評価が分からないような方は、お断りするのがおすすめです。

ゲストへのトラブル対応が大事!

ゲストを受け入れる際は、どうしてもトラブルが付きものです。

そこで、トラブルが起きた際にしっかり対応できるよう準備をしておく必要があります。

例えば、

  • トラブル時の対処法をマニュアルとしてまとめておく
  • 外国人が来るなら翻訳ができるデバイスを用意しておく

など、準備できることはたくさんあります。

また、どうしても当事者同士でトラブルが解決できない場合は、Airbnbに連絡して助けてもらうこともできます。

Airbnbに連絡すれば、その場で的確なアドバイスがもらえたり、返金対応をすることが可能です。

まとめ

Airbnbを利用すると、トラブルが起きやすいのは事実です。

ただ、ホスト側でもゲスト側でも、Airbnbに連絡すればいつでも助けてもらうことができます。

Airbnbには安い、色々な人と出会えるなどのメリットもたくさんあるので、一度利用してみると面白いですよー!

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ネット副業100選

© 2020 副業クエスト100