Uber Eats・Wolt・出前館を1ヶ月使って感じた"各サービスのメリットデメリット"

今流行しているフードデリバリーサービスを使ったことがありますか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)が一番有名ですが、他にも出前館Woltなど、どれが良いのか分からない人も多いはず!

そこで、ここではUber Eats・Wolt・出前館の3つのサービスを実際に利用し、それぞれのメリット・デメリットについて解説しました!

フードデリバリーサービスを使ってみたい方、どのサービスを使うか迷っている方は、ぜひご覧ください!

ちなみにUber Eatsでの初回注文が1000円OFFになるクーポンを頂いたので、欲しい人は以下をお使いくださいませ。

interjpe216jfyv

Walt(ウォルト)の600円引き(2回まで利用可)のコードはこちら!

KS7HU

こちらもCHECK

Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイトより稼げるのか?【徹底解説】

続きを見る

【月500万】私のブログ収益・ポイントサイト収益を公開してみた。

続きを見る

おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2021年版】

続きを見る

目次
  1. フードデリバリーサービスってどんな感じ?
  2. デリバリーサービスを使う前にチェックしておきたいこと
  3. デリバリーサービスのメリット
  4. デリバリーサービスのデメリット
  5. Uber Eatsのメリット・デメリット
  6. Woltのメリット・デメリット
  7. 出前館のメリット・デメリット
  8. 3つのサービスの配達料金・手数料を比較してみた!
  9. 3つのサービスで使える支払い方法を比較してみた!
  10. おすすめデリバリーサービス活用術
  11. よくあるQ&A
  12. 総合的にはUber Eatsがおすすめ

フードデリバリーサービスってどんな感じ?

フードデリバリーサービスは、大きく2つのタイプに分けられます。

それは、出前タイプUber Eatsタイプです。

出前タイプは、出前専門の業者が飲食店から料理を運ぶスタイルです。

出前館がこれに当てはまりますね。

一方、Uber Eatsタイプは、デリバリーをする個人の配送者が、飲食店から料理を運ぶスタイルです。

Uber EatsとWoltが当てはまりますね。

誰が運ぶのかはその時々によりますが、早く安く運べるメリットがあります。

デリバリーサービスを使う前にチェックしておきたいこと

デリバリーサービスを利用する前に、まずはチェックしておきたいことが5つあります!

これらを事前にチェックしておかないと、デリバリーしてもらえない可能性があるので注意してくださいね!

  • 配達エリア内かどうか?
  • 配達時間は?
  • 配達料金は?
  • 配達手数料は?
  • 支払い方法は?

配達エリア内かどうか?

最も重要なポイントは、あなたが料理を受け取る場所が配達エリア内かどうかです。

自宅でも、職場でも、配達エリア内じゃないとデリバリーしてもらえない可能性があります。

特に地方の場合は、そもそもその地域すべてが配達エリア外である可能性もあります。

配達エリア内かどうかは、各デリバリーサービスのアプリやHPで確認できるので、必ずチェックしておきましょう!

Uber Eats

Wolt

出前館

配達料金・配達手数料は?

デリバリーサービスでは、料理の値段に加えて配達料金・配達手数料がかかります

配達料金がいくらかかるのかは、利用するサービス・お店からの距離によって変わるので、注文前にチェックしておきましょう!

ほとんどの場合は、アプリで注文するときに配達料金が表示されます!

またアプリやHPでも、配達料金の目安を調べることができます。

支払い方法は?

最後に、支払い方法を確認しておきましょう!

デリバリーサービスの場合、現金代引きできるサービスとできないサービスがあります

またクレジットカードや電子マネーでの前払いが必要なサービスもあります。

利用したいサービスがどの支払い方法に対応しているのかを必ずチェックしておきましょう!

デリバリーサービスのメリット

ではデリバリーサービスを利用することにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは主に4つのメリットを紹介します!

  • 飲食店のメニューを自宅が出先で食べられる
  • 屋外でも受け取りできる
  • アプリで簡単に注文できる
  • 独自のクーポンが使える

飲食店のメニューを自宅や出先で食べられる

デリバリーサービスの一番のメリットは、飲食店のメニューを自宅や出先で食べられることですね。

「今日は疲れたから自炊したくないな」というときや、「会社から出られないけど、美味しい料理が食べたいな」というときに大活躍します!

私は実際に忙しいときに職場でデリバリーサービスを利用しましたが、街に出かけなくても街中のお店の料理が食べられてかなり満足度が高かったですね。

屋外でも受け取りできる

実はデリバリーサービスの受け取りは、屋外でもできます

屋外で受け取る方が良い場合は、いくつかあります。

  • マンションが複数棟並んでいて部屋がわかりにくいとき
  • プライバシー保護の関係で部屋バレしたくないとき
  • 職場や出先で注文するとき

一番多いのは、マンションが複数棟並んでいて、配達パートナーの方がどの部屋に行けば良いかわからないときです。

実際に私が半年ほどデリバリーの仕事をしていたとき、屋外受け取りで一番多い理由がこれでした!

お客さんからすれば、配達パートナーさんが迷っているあいだに料理が冷めるよりも、わかりやすい屋外で受け取れる方が良いですよね!

また女性の一人暮らしのように、プライバシー保護の関係で部屋バレしたくない方は屋外で受け取る方が良いです。

デリバリーサービスと言っても、部屋の前まで来るのはやっぱり不安ですね。

こうした場合は、マンションのエントランスで受け取ったり、一番近くのコンビニの駐車場で受け取ったりすることが多いです!

ほかにも職場や出先で受け取る場合は、ほかの同僚や利用者の迷惑にならないように、屋外で受け取ることをおすすめします!

アプリで簡単に注文できる

デリバリーサービスは、アプリで簡単に注文できることもメリットですね。

Uber Eats・Wolt・出前館は、それぞれ専用のアプリがあるので、そのなかで検索から支払いまですべて完結します!

特に、電話注文が苦手な方にとってアプリはありがたいですよね!

私もお店に電話をかけて注文するのが苦手なので、アプリでサクッと注文できるとかなり気楽になります!

独自のクーポンが使える

デリバリーサービスでは、それぞれ独自のクーポンを発行しています!

初回1,500円OFFや、対象店舗200円OFFなど、店舗に直接注文するよりもお得に支払いできます!

独自クーポンは、アプリ上で入手したり、配達エリア内であればチラシがポスティングされたりするので、積極的に活用してみましょう!

デリバリーサービスのデメリット

一方、デリバリーサービスにもいくつかデメリットがあります。

実際に使ってみないとわからないデメリットもあるので、ぜひ把握しておいてくださいね!

  • 配達料と手数料がけっこう高い
  • メニューの値段も割増
  • 雨・雪の日は配達できな可能性も
  • 冷めると美味しくないものも

配達料と手数料がけっこう高い

デリバリーサービスの一番のデメリットは、配達料と手数料がけっこう高いことです。

実際に私がデリバリーサービスで1,000円ほど注文した際には、配達料と手数料だけで400円ほどかかってしまいました。

サービスによっては、配達料と手数料を安くするコツもありますが、料金だけで見るとけっこう高いですね。

お店に行って並ぶ待ち時間と、デリバリーサービスの配達料・手数料を払うことのどちらが良いかは、人によって意見が分かれるでしょう。

メニューの値段も割増

デリバリーサービスで注文する場合、お店で食べるよりもメニューの値段自体も割増になります。

配達料や手数料はデリバリーサービスに払っていますが、デリバリー用のパッケージ料金などはお店が負担しているからですね。

実際にデリバリーをしている飲食店で働いている友人が言っていましたが、やはりパッケージ代を踏まえると値段を上げざるを得ないとのことでした。

雨・雪の日は配達できない可能性も

デリバリーサービスは、ほとんどの場合、自転車かバイクでの配達になります。

そのため、雨・雪の日は配達できない可能性があります。

出前館のように、出前専門の業者ならある程度の悪天候でも配達してくれますが、Uber Eatsタイプは配達パートナーの数が大幅に減って、配達してもらえない可能性があります。

特に台風や雪の場合は、バイクでの配達を止められることもあり、実際に私がデリバリーの仕事をしていたときは、代わりに車を持っている同僚が配達していました。

冷めると美味しくないものも

デリバリーサービスは、料理ができてから配達完了するまで時間がかかるので、もちろん料理が冷めて美味しくなくなる可能性があります。

お店それぞれで、冷めないような工夫や、冷めても美味しい工夫をしていますが、やはりでき立てよりは味が落ちるとか、届いたら冷めていたという声も耳にします。

注文するときは、お店からの距離も考慮に入れると良いですね。

Uber Eatsのメリット・デメリット

ここからは、3つのデリバリーサービスのメリット・デメリットを紹介します!

まずはUber Eatsのメリット・デメリットからいきましょう!

  • 注文から到着までの時間が早い
  • 対象店舗が比較的多い
  • 最低注文金額がない
  • 同時配達で安くなる
  • 初回1,500円OFFクーポン
  • 配達料金と手数料が高い

注文から到着までの時間が早い

Uber Eatsは、ほかのデリバリーサービスよりも注文から到着までの時間が早いです!

実際に私が注文したときは、数キロ先のお店に注文して15分以内に到着しました!

Uber Eatsタイプのデリバリーは、待機中の配達パートナーが多ければ多いほど早く到着する傾向にありますね。

また配達パートナーが自転車かバイクかによっても、配達速度に変動があります。

特に中型・大型のバイクでデリバリーする方はかなり早いですね。

対象店舗が比較的多い

Uber Eatsは、デリバリー対象店舗がほかのサービスと比べても比較的多いです!

特に個人経営の店舗への対応では国内トップクラスだと言えます。

その分チェーン店への対応では出前館にかなり負けるので、注文するお店に応じて利用するサービスを使い分けると良いです!

最低注文金額がない

Uber Eatsには、最低注文金額がないこともメリットです!

ほかのデリバリーサービスだと、最低注文金額が設定されており、そこからさらに配達料・手数料がかかるので、どうしても高くなってしまいます。

しかし最低注文金額がないUber Eatsなら、気軽にデリバリーを利用できますね!

同時配達で安くなる

Uber Eatsには、同時配達で配達料金が安くなるシステムがあります。

つまり、近くで同じようにUber Eatsを利用した人がいれば、配達パートナーの方はほかのお客さんの料理とあなたの料理を一緒に運ぶことができますよね。

すると、そのお客さんと配達料金をワリカンできるのです!

同時配達ができるかどうかは、注文時にリアルタイムでわかるので、配達料金を安くしたい方はぜひ使ってみてください!

初回1,500円OFFクーポン

Uber Eatsのエリア内に自宅があると、初回1,500円OFFクーポンがポステイングされます!

これは注文時に割引コードを入力するだけで使えるので、かなりおすすめです!

実際に私が初めてUber Eatsを利用するときにこのクーポンを使いましたが、実質タダで料理をデリバリーしてもらえました!

クーポンは料理の金額だけでなく、配達料金・手数料にも適用できます!

配達料金と手数料が高い

Uber Eatsの唯一のデメリットは、配達料金と手数料がけっこう高いことですね。

料理自体の金額は安くても、配達料金と手数料でなかなかの金額になってしまうので、同じ金額を支払ってもっと良い食事をするのとどっちが良いのか迷ってしまいました。

具体的な配達料金と手数料については、この記事の後半で3つのサービスを同時に比較しているので、ぜひご覧ください。

Woltのメリット・デメリット

ここからは、Woltのメリット・デメリットを紹介します!

  • 配達料金が安い
  • 手数料がかからない
  • 初回900円OFFクーポン
  • 最低注文金額が1,000円
  • 配達エリアが狭い

配達料金が安い

Woltの最大のメリットは、配達料金が安いことです!

Uber Eatsや出前館よりも圧倒的に安いので、最終的な注文金額に大きな違いが出ます!

具体的な金額の比較は、この記事の後半で行うので、ぜひご覧ください!

手数料がかからない

Woltは、手数料がかかりません

そのため、最終的な料金がUber Eats・出前館と比べるとかなり安くなります

Woltは安さに定評があるデリバリーサービスですね。

初回900円OFFクーポン

Woltの配達エリア内に自宅があると、初回900円OFFクーポンがポスティングされます!

初めての利用にはぴったりなので、ぜひ活用してみてください!

ただし、900円OFFだけでは注文の全額をまかなうことはできないので注意しましょう。

最低注文金額が1,000円

Woltの最低注文金額は、1,000円に設定されています。

これは、料理の最低注文金額であり、配達料金は別途かかります。

さらに料理の金額が1,000円以下だった場合は、1,000円までの差額を配達料金とは別に支払わなくてはなりません

つまり、料理の金額が900円の場合、差額の100円と配達料金が別途でかかるということですね。

配達エリアが狭い

Woltは、Uber Eats・出前館と比べると、配達エリアがまだまだ狭いです。

地域での配達エリアが狭いことはもちろんですが、そもそも地域全体が配達エリア外であることも多いです。

現在は首都圏や地方都市の中心部でしか利用できません。

出前館のメリット・デメリット

ここからは出前館のメリット・デメリットを紹介します!

  • チェーン店なら出前館
  • 対象店舗数が国内一
  • 独自クーポンが多い
  • LINEポイントが貯まる
  • 注文店舗によって配達条件が異なる

チェーン店なら出前館

出前館の最大のメリットは、チェーン店への対応数が圧倒的に多いことです!

ファミレスやファストフードはもちろんのこと、全国展開されているチェーン店ならかなりの確率でデリバリーの対象になるでしょう。

UberEats・Woltは、チェーン店への対応がかなり少ないので、チェーン店で注文するなら出前館を使うのがおすすめです!

対象店舗数が国内一

出前館はチェーン店だけでなく、総合的なデリバリー対象店舗数が国内一です!

つまりチェーン店が多いだけでなく、個人経営の店舗にもある程度対応しているということですね。

注文したいお店が、どのデリバリーサービスにも対応している場合は、最終的な金額が安いサービス・安心して利用できるサービスを選びましょう!

独自クーポンが多い

出前館には独自のクーポンがたくさんあります

Uber Eats・Woltのような高額のクーポンではなく、数百円のクーポンですが、何度目の利用でも使えるクーポンが多いことがメリットです!

さらにクーポンは注文するお店によって発行されており、たくさんの種類があることも魅力ですね。

何度目でもクーポンが使えるので、積み重なった割引金額では出前館の方がお得になることも多いでしょう。

LINEポイントが貯まる

出前館の利用では、LINEポイントが貯まります

以前まではTポイントが貯まっていましたが、現在はLINEポイントに移行されました。

ふだんLINEポイントを使っている方はかなりお得ですし、そうでない方もLINEスタンプの購入などに使えます!

もちろん、出前館での注文にLINEポイントを使うこともできます!

注文店舗によって配達条件が異なる

出前館のデメリットとしては、注文店舗によって配達条件が異なることがあります。

配達料金や、最低注文金額などの条件は、注文した店舗の条件が適用されます。

統一された規格がないので、使いづらいと感じる方もいるかもしれません。

3つのサービスの配達料金・手数料を比較してみた!

ここでは、3つのデリバリーサービスの配達料金と手数料を比較してみました!

サービス 配達料金 手数料
Uber Eats
  • 変動性(数百円前後)
  • 月額980円でサブスク
  • 注文金額の10%
Wolt
  • 290円〜(1.5km以上で+0.5kmごとに+75円)
  • o円
出前館
  • 店舗条件による
  • 店舗条件による

配達料金と手数料だけで言えば、Woltが一番安いですね。

ただしUber Eatsは、月額980円のサブスクリプションに加入すれば、1,200円以上の注文の場合、配達料金・手数料を0円にすることができます

毎月何度も注文する方は、Uber Eatsのサブスクリプションがお得ですね。

3つのサービスで使える支払い方法を比較してみた!

ここでは、3つのデリバリーサービスで使える支払い方法を比較してみました!

Uber Eats
  • 現金払い
  • クレジットカード
  • Apple Pay・LINE Pay・PayPay
  • PayPal
  • Uber Cash
Wolt
  • クレジットカード
  • Apple Pay
  • Google Pay
出前館
  • 代金引換(現金)
  • クレジットカード
  • Amazon Pay・Apple Pay・LINE Pay・PayPay
  • 携帯キャリア決済
  • 請求書払い
  • LINEポイント

Uber Cashとは、Uber Eats内で使える電子マネーです。

トラブル時にもらえる詫びコインのようなものなので、あまり使う機会はないでしょう。

Woltだけが現金払いに対応していないことにも注意です。

おすすめデリバリーサービス活用術

ここでは、おすすめのデリバリーサービス活用術を2つご紹介します!

  • 複数人で頼んでクーポンを活用
  • エリア外ならエリアの境目で受け取ろう

複数人で頼んでクーポンを活用

デリバリーサービスでおすすめなのは、複数人でクーポンを活用して注文することです!

それぞれで単品料理を頼んで持ち寄れば、たくさんのお店の料理を同時にシェアすることができます!

つまり、フードデリバリーパーティをするということですね。

また、デリバリーサービスのクーポンは初回限定のものが多いですが、複数人で頼んでそれぞれが初回限定クーポンを使えば、かなりの割引率になります!

エリア外ならエリアの境目で受け取ろう

デリバリーサービスが屋外でも受け取れることを利用すると、エリア外でも注文できるようになります。

つまり、エリアの境目まで移動して受け取るということです!

これは自宅がぎりぎりエリア外になってしまっている方や、出先で注文する方におすすめの活用術ですね。

自宅はエリア外だけど、ちょっと歩けばエリア内になるという方は、ぜひやってみましょう!

よくあるQ&A

最後に、フードデリバリーサービスに関するよくあるQ&Aに答えていきます!

  • エリア外でも注文できるの?
  • 注文したあとにキャンセルできるの?
  • 料理が崩れたりしないの?

エリア外でも注文できるの?

結論から言えば、エリア外でも注文できます!

活用術で紹介したように、受け取り場所がエリア内であれば確実に大丈夫です!

またマップ上はエリア外でも、配達場所を検索すると表示されて、注文できる場合もあります。

実際に私は、Uber Eatsでエリア外のところから検索したら、配達場所として表示され、本当に配達してくれたという経験があります。

特にエリアの境目に近い場所ではこんなことが多いみたいですね。

注文したあとにキャンセルできるの?

注文したあとのキャンセルは、段階によっては可能です。

つまり、料理を作る前とか、実際に配達する前までとか、そうした段階によってキャンセルできるかどうかが決まります。

またこの段階は、デリバリーサービスやお店によって違いますし、デリバリーサービスを利用していてもお店と直接キャンセルのやりとりをしなくてはならないことも多いです。

基本的には利用するデリバリーサービスの規約と、お店のルールを確認することになります。

料理が崩れたりしないの?

私がデリバリーサービスを利用した限りでは、料理が大きく崩れることはありませんでした。

しかし自転車やバイクで運んでいるので、若干崩れることは確かに否めません。

私が半年ほどデリバリーの仕事をしていたときは、先輩からバイクでも料理が崩れないように運転するコツを教えてもらっていましたが、やはり多少の崩れは避けられませんでした。

お店側でも、デリバリー側でも、料理が崩れないようにする努力はしていますが、どうしても崩れるのが嫌な場合は、デリバリーを利用しない方が良いと思います。

総合的にはUber Eatsがおすすめ

3つのデリバリーサービスを比較すると、総合的にはUber Eatsがおすすめです。

しかしチェーン店で注文するなら出前館の方が対象店舗が多いですし、単純な安さだけで言えばWoltが最安です。

注文する店舗や、配達エリアに応じて利用するサービスを使い分けるのも良いでしょう。

また頻繁にデリバリーサービスを使う方は、Uber Eatsのサブスクリプションを利用するのもおすすめです。

まずは初回限定クーポンを使って、デリバリーを体験してみましょう!

Uber Eats初回注文が1000円OFFになるクーポンはこちら!

interjpe216jfyv

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。ブログで5億円以上稼いだノウハウをまとめています。 メインコンテンツはこちら → レベル1「ネット副業は50種類以上」

2021年のポイントサイトランキング

【1位】モッピー

ポイントサイトのモッピー

会員数800万人の国内最大級のポイントサイト。Amazonや楽天でのショッピングもお得になるなど、ポイ活するなら一番おすすめ。東証一部上場企業が運営していて、安全性も最高レベル。

【2位】ECナビ

ECナビ

食事代などが無料になる「覆面モニター」やアプリのインストール案件が稼ぎやすいポイントサイト。上場企業が運営しているので、安全性もバッチリ。

-ネット副業100選

© 2021 副業クエスト100