お小遣いアプリって安全なの?ポイントサイトの危険性や仕組みについてまとめてみた。

更新日:

すきま時間で月1000円〜30000円ほど稼げるお小遣いアプリ。

ちなみに私は月100万円以上の収益を稼いでいますが、ブログと組み合わせれば月10万円以上を稼ぐことも可能です。(収益は以下の記事でも公開しています)

げん玉・モッピーのポイントサイト収益まとめ【2019年10月更新】

今回は、そんなお小遣いアプリの仕組みと危険性についてまとめてみました!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

【月600万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開
おすすめのポイントサイト完全比較ランキング - お小遣いサイトTOP10【2019年】

そもそもお小遣いアプリってどうゆう仕組みなの?

そもそも、なぜクリックやアプリインストールでポイントが入ってくるのでしょうか?

気になるお小遣いアプリの仕組みについて解説していきます!

それぞれの案件は"広告主がお金を出している"

「お小遣いアプリの仕組み」の登場人物はこちら!

・私たち利用者
・お小遣いアプリ
・広告主(お小遣いアプリに広告を出している会社)

広告主はお小遣いアプリにお金を払って案件を掲載してもらいます。

「新作アプリをもっと広めたい」など、広告主がコンテンツの宣伝目的として掲載してもらう訳ですね。

ゲームアプリのインストール案件の裏側

例えばゲームアプリのインストール案件でいうと、お小遣いアプリを通して1万ダウンロードしてもらえば、それだけでiTunesランキングなどの上位に載ることができるんですね。

ランキング上位に載ればたくさんの人がダウンロードしてくれるため、ランキングに載せるための「ダウンロード数」をお小遣いアプリで稼ぐという裏事情がある訳です。

案件に登録すると「広告料の一部」がユーザーに渡る

運営側は「このゲームアプリをダウンロードすれば100ポイントあげるよ!」という内容で案件を出します。

運営側は、広告主から受け取った「広告料」の何割かを、報酬としてユーザーに渡しているということなんですね。

取り分については運営によって変わるため、同じ案件なのに獲得ポイント数が違うことも多いです。

これら3つのトライアングルが成り立っているからこそ、お小遣いアプリでお金を稼ぐことができるようになっている訳です。

・広告主=アプリのダウンロード数や会員数を伸ばせる。
・運営者=掲載するだけで広告料を稼ぐことができる。
・利用者=簡単な操作でポイント(お金)がもらえる。

お小遣いアプリに潜む危険性について

お小遣いアプリの仕組みが分かったとはいえ、まだまだ不安が残るのが正直な話。

次に、お小遣いアプリに潜む危険性についてご紹介します!

危険性が高いお小遣いアプリはまだまだ多い

ネット犯罪の取り締まりが強くなってきていますが、まだまだ悪質なお小遣いアプリが存在します。

「頑張ってポイントを貯めたのに急に換金できなくなった!」

「事前告知なしでアプリ自体が消えている」

このように、犯罪まがいの事件が起きていて、その多くは会社ごとトンズラしてしまいます。

訴える場所がなくなると、残念ながら泣き寝入りするしかありません。

そんな悲しい思いをしないためにも、事前に危険性が高いお小遣いアプリを見極めておくことが大切です。

ここでは、安全なお小遣いアプリかどうかチェックするポイントをご紹介します!

運営会社は必ずチェック

まず、チェックしてほしいのが運営会社です。

普段サイトやアプリに登録する際、運営会社を気にすることは少ないと思います。

しかし、個人情報やお金を取り扱うサイトは、適切に運営できているかどうかが重要です。

ページ下部にある会社概要から運営会社が確認できるので、一度会社のHPを見てみましょう。

・いつ設立されたのか
・子会社の場合、親会社は有名企業なのか
・資本金・従業員数がどれくらいか

チェックする点は、大体こんな感じです。

あまりにも小規模な会社だと、問い合わせの返信やトラブルの対応が遅い場合があります。

プライバシーマーク・JPEC・SSL導入も確認して

アプリや運営会社のHPで、チェックしてほしい項目があります。

それは、個人情報やポイントの取り扱いを定めた認定証があるかないかです。

・プライバシーマーク:事業者が適切に個人情報を取り扱っている証
・JIPC(日本インターネットポイント協会):協会独自の規定に沿って、適切にポイントサイトを運営している

プライバシーマークは、幅広く認知されたマークなので、「名前だけ聞いたことある!」という人も多いのではないでしょうか?

JIPCは、「サービスの終了やポイントの価値が変更する場合は、最低1カ月前に必ず連絡する」など、独自の決まりが作られているのが特徴。

要するに、JIPCに加入している企業は、突然のサイト閉鎖やポイントに関する悪行をしないという証明になるのです。

非営利団体とはいえ、JIPCに加入の有無は信頼に差が出ることでしょう。

他にもチェックしておきたいのが、SSLの導入がされているかどうか。

SSLとは、ウェブサイトから何らかの情報を送受信する時、第3者から抜き取られないように暗号化されるというものです。

「とあるサイトに登録した後から迷惑メールが大量に届くようになった」

「身に覚えのない商品の請求が来た」

このように、個人情報が知らぬ間に流出している原因は、SSLが未導入だから…というパターンも多いです。(サービス自体が裏で個人情報を売っていることもありますが...)

URLの横に、南京錠のマークが付いていたらSSLが導入されている証拠。

お小遣いアプリやポイントサイトを利用する前に一度確認してみましょう!

最低換金額が高いポイントサイトは要注意

「10000円必ず稼げる!」という謳い文句を掲げるポイントサイトがあります。

どうせ利用するなら稼げるサイトが良いのは当たり前ですが、ちょっとしたカラクリがあります。

それは、最低換金額の高さです!

一般的のポイントサイトの最低換金額は、300〜500円が相場。

これが、1000円以上で設定しているサイトは要注意です。

要するに、「10000円必ず稼げる!」=「10000円稼がないと換金できない」ということ。

なかなか懐に入らないので、利用者にメリットとはいえませんね。

大手企業&運営歴が長いお小遣いアプリが安心

おすすめのお小遣いアプリの特徴は以下の2つです。

・運営会社が大手企業
・アプリ(または姉妹サイト)の運営歴が長い

やはり運営元がしっかりしていれば、トラブルに巻き込まれる心配が少ないですし管理がしっかりしている印象が強いです。

安全性の高いお小遣いアプリ3選

安全性の高い青小遣いアプリを3つ厳選してみました!

モッピー

モッピーは、累計登録者数700万人越えの日本最大級のポイントサイトです。

ちなみに私は月間300万超えもしたことがある「あり得ないくらい稼げるポイントサイト」ですね。

げん玉・モッピーのポイントサイト収益まとめ【2019年10月更新】

圧倒的な案件数とミニゲーム、クリック広告の種類も豊富なので、楽しみながら稼ぐことができます。

また、ポイントサイトでは唯一Amazon経由でモッピーポイントが還元されるのも魅力的。

最低換金額は300円と低めで、プライバシーマーク・JIPC・SSLも導入済。

さらに、ショッピングをするたびにポイントが貯まるプリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」も発行されています。

モッピー(登録特典あり)

月200万稼げるポイントサイト「モッピー(moppy)」がおすすめすぎる理由【稼ぎ方まとめ】

続きを見る

ぴたコイン

ぴたコインは、仮想通貨・ビットコインの翌日の価格を予想して当たったらビットコインが獲得できるお小遣いアプリです。

7:00~23:59の間に、ビットコインの価格が上がるか下がるか選択して、翌日の7:00に結果が表示されます。

もし正解していたら、100satoshi=0.00000001BTC付与され、連続して正解すると、さらに特別ボーナスが獲得できます。

これからまた仮想通貨の値が戻ってくる可能性も高いので、今のウチに使っておくとおすすめですよー!

ピタコイン

楽天スーパースクリーン

楽天スーパースクリーンは、スマホのロック画面を解除して提示された広告を閲覧するだけで、楽天ポイントが獲得できるお小遣いアプリです。

誰もが知っている楽天が運営しているアプリなので、もちろん安全性の保障はされています。

わざわざアプリを起動させなくても、ロック画面を解除すれば自動的に表示されるのでやり忘れる心配もありませんよー!

楽天スーパーポイントスクリーン

楽天スーパーポイントスクリーンで稼ぐ方法まとめてみた【Web版・アプリ版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ポイントサイトのコツ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.