クラウドワークスで悪質なクライアントにあわないための4つの注意点

更新日:

日本最大級のクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスは、誰でも始めやすいからこそ、初心者に付け込んだ悪質なクライアントもいます。

今回は、悪質なクライアントと契約しないための方法や注意点をまとめてみました!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

副業に使えるクラウドソーシングサービス9選 - 初心者におすすめのサイトを比較してみた。
クラウドワークスで副業をするのが最もおすすめな理由【評判と攻略法まとめ】

クラウドワークスには悪質なクライアントも存在する

クラウドワークスでお仕事をするときは、案件を募集しているクライアントとやりとりして、合意のもと業務をおこないます。

ただ、クライアントが良い人とは限りません。

中にはトラウマレベルになる悪質クライアントも存在します。

まずはどんな悪質クライアントがいるのかをまとめてみました。

超低賃金の案件をバンバン出す

割に合わない仕事を平気で出すのが悪質クライアントの特徴です。

ワーカーの人気ジャンルの1つ「ライティング」でヤバイ募集案件はこんな感じ。

・1文字=~0.1円(3,000文字=300円など)
・作業量が多い(KW選定・構成・画像挿入)
・テスト記事と称して無料で書かせようとする

1文字単価が1円以下の募集案件は、内容にもよりますが基本的に手を出さないほうが良いです。

(ただ、評価が少ない初心者の場合は1文字1円以上の案件はほとんど頼まれないのも事実です。)

また、作業量が多すぎると時給数百円程度しかならないこともありますね。

業務内容を掲載しないクライアントもいるので、契約前にこちらからどんどん質問しましょう!

個人情報を欲しがる

募集要項に「LINEでやりとりができる方」「メールアドレスが必要」と記載されている案件があります。

もちろん円滑に連絡したい意味もありますが、特にLINE IDを求めてくるクライアントは情報商材の宣伝に使う場合が多いです。

中には、「スマホ1つで月50万稼げる!」「1日2ツイートでフォロワー1万人!」など、有料商材を売りつけるクライアントもいます。

そもそもクラウドワークスでは、契約前に個人情報のやりとりを禁止しているので、個人情報を求めてくるクライアントは避けましょう。

契約前に納品を求めてくる

単価や文字数やその他内容など、お互い同意の上契約します。

しかし、中には契約前に「テスト記事」と称して記事を納品させようとするクライアントも。

契約した時点で初めて報酬の仮払いがされるものなので、契約前に記事を納品してしまうとそのままトンズラされる可能性があります。

「テスト記事に合格できれば報酬を上げる」「月5万円の継続案件を約束する」と言って、記事を書かせようとするクライアントは要注意です。

ひどい目に遭わないための"4つの注意点"

ひどい目に遭わないための4つの注意点をご紹介します!

評価が4.5以下のクライアントは避ける

気になる案件を見つけたら、まずクライアントの評価を確認するようにしましょう。

この評価は、契約完了後に評価するシステムになっていて、最大評価は5.0です。

スムーズに取引できていたら、ほとんどの人は5.0で評価します。

ただし、悪質なクライアントは評価が著しく低いのが特徴で、評価が4.5以下だった場合は何かしら問題があると思って良いでしょう。

不安な人は、ワーカーの評価コメントも一緒にチェックすることをおすすめします。

途中で契約解除しているワーカーが多いクライアントは避ける

クラウドワークスでは、契約後取引を辞めたい時「契約終了リクエスト」を送信します。

せっかく契約したのに仕事を放棄するということは、何かトラブルがあった場合がほとんど。

また契約終了リクエストを送信後1週間対応がなかった場合、自動的に契約解除され、1.0の最低評価となります。

契約終了リクエストが多いクライアントは避けた方が無難でしょう。

短期間で大量に案件募集をしているクライアントは避ける

短期間で同じ案件を10件以上募集しているクライアントがいます。

大手企業ならまだしも、個人で運営しているクライアントは要注意です。

大量募集の多くは「継続案件です!」「中長期的なお付き合いを…」と書かれていますが、はなから継続する気がありません。

2記事目から単価が上がることを謳い文句に、低単価で色んな人と契約して用が済んだらポイ捨てします。

短期間で大量募集するクライアントには応募しないことが賢明です。

本人確認をしていないクライアントは避ける

クラウドワークスには、「本人確認」が存在します。

本人確認とは、クラウドワークスに身分証明書の写真を送って身分証明すること。

本人確認はあくまで任意なのでする必要はありませんが、するとしないとで相手への信用度が変わってきます。

本人確認をしていないクライアントは、なるべく避けた方が無難でしょう。

クラウドワークスは本当に安全なのか?考えられる危険性をまとめてみた。

続きを見る

もし詐欺的なクライアントに出会ったら

どんなに気をつけていても、たまに怪しいクライアントと当たってしまうことがあります。

もし、詐欺的なクライアントに出会ってしまった時の対処法をご紹介します!

契約しない

契約前に、クライアントとのやり取りに「?」と感じたら、契約するのはやめておきましょう。

契約してしまうと、原則その仕事をやり遂げなければいけません。

疑問点をなくし、自分がきちんと納得する形で契約するようにしましょう。

契約終了リクエストを出す

契約した後、どんどん作業量を追加していくクライアントがいます。

「契約したからこっちのもの!」と言わんばかりに、SEOキーワードや画像挿入を増やしたり…。

しかし、これは明らかに契約違反なので、「NO!」を突きつける勇気を持ってください。

契約前に確認した業務内容と明らかに違うことを理由にして契約終了リクエストを送信しましょう。

クラウドワークス事務局に通報する

万が一、クライアントから詐欺被害に遭ったら、クラウドワークス事務局に通報しましょう。

お問い合わせから通報するのも良し、契約終了して評価入力から意見を送っても良し。

1人でも多くの悪質クライアントをなくすためには大事な作業になります。

辛口評価はあまりおすすめしない

たまに、クライアントに辛口コメントや最低評価を残すワーカーがいます。

個人的に、クライアントに辛口コメントを残すのはおすすめしません。

クライアントへの評価入力があるように、ワーカーへの評価入力もあります。

もし、ムカつくクライアントへ不平不満をコメントすると、今度は自分の評価にあることないこと書かれる場合も…。

クライアントは選定する時に、1つでも辛口コメントがあるワーカーを敬遠します。

恨みコメントを残すより、「お世話になりました」と評価しないor評価1.0でサヨナラするのが、今後の活動に支障が出にくいです。

クラウドワークスでも、95%以上のクライアントはちゃんとした発注者さんです。

以上の注意点を見て、地雷クライアントに当たらないようにしましょう!

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-クラウドソーシング

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.