Youtubeでアフィリエイトやってる人がほぼ全滅。でもYoutuberはこの先生きのこる。

「YouTubeパートナープログラム(YPP)」が変わり、視聴回数が1万再生未満のチャンネルで広告が表示されなくなりました!

これを機に弱小Youtubeはけっこう全滅するかもしれない...

こちらもCHECK

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開

続きを見る

おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】

続きを見る

Youtubeアフィリエイターがほぼ全滅するかもしれない。

Youtubeアフィリエイターに大打撃となった今回の規約改定。

ただ単に1万再生以下のチャンネルに広告が載らなくなった!ってだけではありません。

1万再生をクリアした時に、Youtubeから「ガイドラインに違反していないチャンネルか」を審査されるようになったため、今後は広告の掲載までがかなり難しくなります。

そのため、今までコンテンツを違法にアップロードして稼いでいたアフィリエイターはほとんど稼げなくなるんじゃないでしょうか。

例えば以下のような動画ですね。

テレビ番組を違法にアップロードしているチャンネル
文章をスクロールしているだけのゴシップ動画
アニメの違法アップロードをしている投稿者

これらに、ちゃんと「人の目」が入るようになったため、今後はガイドライン違反していたアフィリエイターがどんどん減っていくと思います。

Youtuberにはそこまで影響はなさそう。

今回、問題になっているのはガイドラインに違反しているかを「人の目」で審査されるようになったこと。

ガイドラインに違反していないYoutuberであれば、そもそも1万再生を下回る人はアフィリエイト収入もほとんどないので、影響もあまりないと思います。

また、Youtubeでは広告単価も下がってきていますし、稼げるまでのハードルが更にグっと上がることで、今後Youtubeアフィリエイトは稼げなくなっていくでしょう。

少し前に人種差別動画に広告が表示される問題がニュースになり、トヨタやマクドナルドなどの大手広告主がどんどん広告を引き上げていましたが、Youtubu側も速やかに対応すると宣言していた通り、大幅改定までがスピーディーでしたね。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

2020年最新ポイントサイトランキング

【1位】モッピー

ポイントサイトのモッピー

【2位】ECナビ

ECナビ

【3位】げん玉

げん玉

-アフィリエイトのコツ

© 2020 副業クエスト100