治験バイトの"おすすめ募集サイト・給料・死亡事故のリスク"などガッツリまとめてみた。

今回はニューイングなどに代表される「治験バイト」で1日どれくらい稼げるのか、リスクはどれくらい大きいのかをまとめてみました!

割と大きな額を稼ぎやすいだけに「身体にどれくらい害があるのか」気になる人はぜひ。

「30のネット副業リスト」の記事はこちら。

おすすめのネット副業35選まとめ - 人気の在宅副業ランキング【2019年版】

「アフィリエイト収益・ポイントサイト収益」の記事はこちら。

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開

"治験"とは何なのか

治験とは、医薬品や医療機器を研究するときに行う臨床試験のことをいいます。

法律上の承認を得ることを目的としており、「人に用いても安全だ」と予測された『候補』の薬を試して、薬の効果や安全性を最終チェックするために行います。

けっこう高額な報酬がもらえる

まだ国からの承認が下りていない薬を試す試験なので、お金はかなり稼げるアルバイトになっていますね。

治験バイトは基本的に日給制の場合が多く、1日当たり1万円から2万円ほどもらうことができ、入院など長期にわたり拘束される場合はさらに高い報酬がもらえます。

報酬は最終日に手渡しもしくは銀行振込となります。

交通費は出ない場合もあるので、事前に調べておく必要があります。

途中で辞退することも可能ですし、もし途中で辞めてもそこまでの報酬は出ます。

入院の場合は即金ではもらえない

事前審査や検査での通院では日当として終了後にもらうこともでき、入院の場合は実際に報酬が振り込まれるまでには1ヶ月から2ヶ月ほどかかることもあります。

そのためあまり即金性はないと考えていた方が良いでしょう。

治験ボランティアと治験バイトって同じ?

治験の募集を行うときに、金銭的な価値を用いて誘導し、参加者を募ることは好ましくないと国で定められています。

そのため正式に製薬会社などからボランティアの募集を請け負っている団体では、「治験バイト」という呼び方はできません。

あくまでも有償のボランティアとなり、給料も『報酬』ではなく『負担軽減費』として支払われます。

負担軽減費の金額設定は、製薬会社ではなく、治験を実地する医療機関が決定していますね。

治験ボランティアに向いている人

治験ボランティアは拘束時間も長いので、比較的時間に余裕のある人かつ集団生活が苦にならない人が向いているといえます。

また、毎回のように採血があるので、採血が苦手な方はちょっと辛いかもしれないですね;

応募した後の大まかな流れ

募集基準を満たしていたら、ニューイングなどを通してネットから応募し、説明会に参加しましょう。

説明会で内容の説明を受けた後、無料で健康診断を受け、合格すると治験に参加することが可能となります。

治験の種類(通院・入院など)

通院の場合は何時間かの簡単な検査モニターだけのケースもありますし、数日から1ヶ月など入院して日数経過をみるケースもあります。

入院となると期間は決められているため、時間に自由の効く人じゃないと参加ができないですね。

ちなみに薬だけでなくサプリメントや健康食品で行うこともあります。

治験中の生活

治験中は同じ治験の被験者とともに病院の外に出られず過ごすことになりますし、起床時間や消灯時間、食事の時間も毎日決まった時間に行うようになっています。

フリーターやニートの人の方が治験には参加しやすいのですが、規則正しい生活や集団生活が苦になる人にはちょっと厳しいかもしれないですね。

治験内容によってはある程度の食事制限がある場合もありますし、副作用が全くないともいいきれません。

通院の治験ならば、時間の負担が少なくてすみますが、入院の方が拘束時間が長い分、報酬も高くなりますね。

治験に参加するための条件とは

治験に参加するには年齢制限・身長・体重制限など、申し込みの際にいくつかの基準をクリアする必要があります。

基本的に20歳以上が対象ですが、特殊なものだと60歳以上などもあり、通常は35歳までなどの制限があることが多いです。

対象となる年齢が低いこともあってか、比較的大学生やフリーターが多いですね。

1回治験をしたら3ヶ月ほどは休む必要あり

また、治験後には休むことが必要で、治験の種類によって違いますが平均して約3〜4ヶ月は期間を空けなくてはなりません。

たまに休養期間をごまかして立て続けに治験に参加する人もいますが、その場合、安全性や正確な結果を出すことができなくなってしまうので、必ず期間を空けるようにしましょう!

治験中はタバコもお酒もNG!

基本的に治験の参加前と参加中は禁煙となり、もし隠れて喫煙しても、必ず検査でわかってしまいます。

終了後の検査時までは禁酒、禁煙は必須で、規則正しい生活を続けておかなければなりません。

不健康な人はそもそも参加ができないぞ!

実際に行われる際には「GCP」(医薬品の臨床試験実施基準)という厚生労働省の定めた基準をもとに行われています。

健康でない、タバコを吸っているなど生活習慣や現在の健康状態などによっては参加できない場合もありますね。

参加することで得られるメリット

事前に検診を受けるので、無料で健康診断を受けることができます。

入院中はきちんと3食摂れるだけでなく、しっかり栄養管理された食事を得られます。

副作用といった体への影響はほとんどなく、一回の治験バイトで大きく稼ぐこともできるので、ネット上でもポジティブな意見が多めですね。

治験アルバイトのリスク

治験のアルバイトを行うにあたってやはり気になるのが副作用。

もともと治験の安全性については十分に考慮されていますが、もしも副作用が出た場合には、即刻治験を中止し、医療スタッフによって適切な処置が行われます。

治験終了後であっても同じように処置を受けることが可能です。

このような場合は製薬会社から保証が出て、もし万が一入院しなくてはならないような事態に陥ってしまっても医療手当や休業補償金は支給されます。

また、以前の説明会の時に副作用のことについても説明がありますのでよく理解し参加するようにしましょう。

治験の内容によっては中止ができないものもまれにありますので、説明会の際によく確認しておくことをおすすめします。

死亡事故とかなかったの?

治験で使われる薬は、動物実験を始め、さまざまな実験を行なった上で、最終的な治験でその有効性や安全性を確認します。

ごく稀に体質や体調、薬の性質などにより体調を崩すなどはあっても、よっぽどのことがない限り事故につながる案件はごくわずかといえます。

しかし、服用の仕方によっては一般の薬でも死亡事故は起きていることも事実です。

おもには複数の薬を服用することで起こる事例が多いので、飲み合わせなどにより副作用が起きないようお薬手帳の提示や医師に現在飲んでいる薬などを聞かれることも多いのはこのためです。

治験で以下に死亡した事例がありますので記載しておきます。

抗がん薬での治験事故

2005年、肺がんの71歳男性、抗がん薬『マツズマブ』という薬で死亡するという事故がありました。

しかし、抗がん剤はもともと作用が強く、副作用がつきものです。

それに加えてガンを患っていた患者さんで抵抗力も弱っていたということもあり、承認されていない抗がん剤の治験は非常にリスクの高い実験だったといえます。

鎮痛剤での死亡事故

2016年、フランスにて鎮痛剤の治療中、6人の参加者のうち1人が死亡、3人は脳に障害の残る可能性がみられました。

治験にはいくつかの段階があり、この治験は最初の段階の治験でした。

このような初期段階での激しい症状が現れるのは非常に稀なことだともいわれています。

万が一のときの保証制度

もし、これらのように万が一入院や激しい副作用があった場合や身体に障害が現れた場合には『医薬品副作用被害救済制度』という制度を受けることができます。

安全なモニターもおすすめ

また、今回のように薬だけでなく治験は健康食品やトクホなどのモニターもあります。

安全性に不安のある方などにはとくにおすすめで、もちろん謝礼金ももらえます。

治験バイトの募集はどのサイトで見るべき?

治験バイトは出来るだけ多くのサイトに登録しておくのがおすすめです。

案件もそれぞれ違うので、こまめにチェックしておくといいですね。

人気の案件はすぐに枠が埋まってしまうので、自分に出来そうな案件には素早く応募しておきましょう。

もし、その後無理そうでも後から断ることも可能ですし、人気のある案件はキャンセル待ちをしている人も多くいます。

以下、おすすめのサイトとその特徴です。

ニューイング

15年以上の実績のある会社です。

治験ならニューイングが最もおすすめで、健康食品のモニターの数も多いため、安全面が気になるようであればこちらもぜひ登録しておきたいサイトです。

入院など長期の案件が比較的多いのが特長です。

案件の詳細などは会員登録した方のみが見られるようになっています。

この場合は通院検査のことが多く、女性や主婦でも取り組みやすいといえるでしょう

JCVN(医学ボランティア会

10年以上の実績があり、入院も通院も比較的多くの案件があります。

アトピーやニキビなど肌トラブルのある方向けの案件も多いのが特徴で、自身の肌トラブルを治療しながら報酬を得ることができるといったお得なサイトといえます。

JCVN治験ボランティア

エル・スマイル ボランティア会

食品の開発や研究のために臨床試験に協力して報酬をもらうことのできる会員組織で、トクホの食品系臨床試験なら『エル・スマイル ボランティア会』といわれるほどです。

こちらは治験とは違って『特定保健用食品(トクホ)』や『機能性表示食品』などの食品や化粧品について一般の方を対象に臨床試験モニターが行われています。

スーパーやコンビニエンスストアなどにある、身近で比較的慣れ親しんだ健康食品の開発に携わることができ、また通院で済むので、時間のない主婦などでも受けやすいモニターといえます。

さらに健康試験の結果を開示してくれますので自身の健康状態を知ることもできます。

エル・スマイル ボランティア会

インクロム

40代以上の疾患を持っている方向けのサイトです。

無料で人間ドックが受けられ、詳細な血液検査も受けられるのが特長といえます。

インクロム

V−NET

関東や関西の20歳から40歳を対象とした案件が多いです。

V-NET

新薬ネット

6万人以上の方が登録しているサイトで、実際に新薬モニターを体験した会員からの口コミで参加することが可能となります。

全国に大きなメルマガ会員ネットワークを持っているのも特徴です。

また会員登録をしなくても案件の詳細を閲覧できるのも嬉しいサービスですね。

V-NET

JAXA

宇宙航空研究開発機構から委託されている治験ボランティアです。

JCVN治験ボランティアなどで募集されています。

クリニカルボランティアサポート

疾病患者様を対象にした治験ボランティアです。

クリニカルボランティアサポート

女性向けの治験について

女性向けは少ない

女性向けの治験は基本的に少なく、理由として月経によりホルモンバランスが乱れやすく、薬のデータが取りづらいからです。

さらに、女性は妊娠の可能性があることも一つの基準となり、妊娠していると治験に参加することができません。

案件によっては事前に妊娠検査を行なう場合もありますね。

ちなみに案件は「健康な女性」かつ「40歳以上」が対象となっている場合が多いです。

美容モニターやサプリメントなら一石二鳥かも

美容モニターやサプリメントなどでは女性対象の治験もあります。

肌トラブルなどの治療ができる治験もあり、月に一度ほどの通院なので負担も少なくてすみ、女性や主婦に人気がありますね。

とくに皮膚トラブルであるニキビなどは最新の治療薬を試せるうえ、協力費として報酬も得ることができるのが嬉しいです。

これらは、治験のように休養期間が必要ないところもメリットといえます。

持病がある人は「治療」も兼ねてできるかも

さらに治験は健康な成人ばかりでなく、持病のある方を対象にした案件もあります。

例えば、高血圧、糖尿病、頻尿、うつ病、不眠症など、比較的女性にも多い疾患は女性の募集もしています。

これは新薬を使用しながら治療も同時に行え、さらに報酬までもらえます。

さらにこのような希少な案件はすぐに枠が埋まってしまうこともあるため、できれば複数の治験ボランティアサイトへ登録しておきましょう。

以下がおすすめですね。

JCVN治験ボランティアは主に女性向けの案件が多め。

V-NETは女性で年齢やBMIなど基準に該当する方は参加可能な案件があります。

また入院案件もありますよー!

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ネット副業100選

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.