TopBuzzで稼ぐ方法・収益化のやり方を完全解説!

TopBuzzという動画投稿サービスで、ちょっとしたお小遣いが稼げるって知ってますか?

YouTubeと同じように、TopBuzzでも広告収入を得ることができます!

ここでは、TopBuzzとは何か収益化の条件収益を伸ばすコツYouTubeとの違いについて解説します!

TopBuzzで稼いでみたい方・動画投稿で稼ぎたい方はぜひご覧ください!

こちらもCHECK

【2021年】おすすめの稼げるライブ配信アプリランキング18選【投げ銭で稼ぐ方法】

続きを見る

【月700万】アフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開してみた。

続きを見る

おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2021年版】

続きを見る

TopBuzzってなに?

TopBuzzとは、動画やネット記事を投稿できるサービスです。

トレンド性の高い投稿が人気で、バズるコンテンツをメインにしたプラットフォームになっています。

BuzzVideoとの違いは?

TopBuzzに類似のサービスで、BuzzVideoというサービスがあります。

BuzzVideoとの違いは、投稿できるコンテンツです。

BuzzVideoが動画のみ投稿できるのに対して、TopBuzzはネット記事のようなほかのコンテンツも投稿できます。

そのため、動画をメインで投稿するのであれば、BuzzVideoの方がおすすめですね。

 TopBuzzで稼ぐシステムをおさえよう

TopBuzzでは、投稿した動画が再生されたときに、広告も再生されることで収益が発生します。

つまり、どれだけ高単価の広告をどれだけ多く再生してもらえるかが、TopBuzzで稼ぐポイントになりますね。

TopBuzzで稼ぐまでのやり方

では、TopBuzzで稼ぐためにどんなことをすればいいのでしょうか?

収益化条件を満たす

TopBuzzの収益化条件を満たし、審査に合格する必要があります。

この審査に合格するまでは、動画を投稿しても広告収入を得ることができません。

具体的な収益化条件がこちら!

  • フォロワー数100人以上
  • 閲覧数2万回以上

フォロワー数とは、YouTubeにおけるチャンネル登録者数と同じものです。

100人でいいので、割と達成しやすい数字ですね。

閲覧数2万回以上が壁になりそうですが、ちょっとバズる動画が1つ作れれば達成できる難易度になっていますね。

もちろん、閲覧数が少ない動画でも、数多く投稿すれば割と達成できる数字です!

動画を投稿する

アカウントを収益化できたら、ひたすらバズる動画を投稿するだけです!

もちろんすべての動画がバズるわけではありませんが、投稿を続けるなかでどんな動画がウケるのかがわかってきます!

ちなみにTopBuzzでは、アカウントの再生単価を常に自分のアカウントページから確認できます。

TopBuzzでは、再生単価が0.1円以上あれば高単価だと言えるでしょう。

TopBuzzで収益を伸ばすコツ

動画だけで戦うのであればBuzzVideoの方がおすすめですが、TopBuzzで収益を伸ばすにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは収益を伸ばす6つのコツを紹介します!

  • 投稿ジャンルを絞る
  • ほかの動画をリサーチ
  • クリックさせるタイトルとサムネイル
  • SNSでシェアする
  • NGワードを使わない
  • 著作権に気をつける

投稿ジャンルを絞る

まずやりたいのは、投稿ジャンルを絞ることです!

投稿ジャンルを絞るメリットは3つあります。

  • 視聴者からの高評価を得やすい
  • 高単価アカウントをつくりやすい
  • より面白い動画をつくれるようになる

特定のジャンルに絞ったアカウントの方が、何をしているのかわからない雑多なアカウントよりも高評価を得やすいです。

つまり、アカウントを訪れてくれる人が増え、投稿した動画を毎回視聴してくれるリピーターが増えるということですね。

またジャンル特化型のアカウントは、高単価アカウントになりやすいという特徴もあります!

ただし、特定のジャンルでひたすら動画投稿を続けるのはかなり苦しいです。

特にネタ切れが大きな問題です。

しかしそれでも毎回ネタを絞り出したり、新しい情報収集をしたりすることで、ほかのアカウントにはない、より面白い動画をつくれるようになります!

ほかの動画をリサーチ

投稿するジャンルを絞ったら、ほかんアカウントの動画をリサーチしましょう!

リサーチのポイントは次の3つです。

  • どんな動画がウケているのか?
  • 逆にどんな動画が少ないのか?
  • どんな動画を投稿したらウケそうか?

リサーチを踏まえて、実際に投稿する動画の内容を考えていきましょう!

今ウケている動画これから流行りそうな内容の動画を投稿すると、収益を伸ばせます!

クリックさせるタイトルとサムネイル

TopBuzzでは、動画を投稿してもクリックされなければ再生されません。

またクリックされるまでは、動画タイトルとサムネイルしか表示されていません。

そのため、動画を見たい! と思わせ、実際にクリックさせるタイトルとサムネイルが必要です!

タイトルとサムネイルには流行もあるので、リサーチのときに意識してチェックしましょう!

SNSでシェアする

動画を投稿したら、SNSでシェアすることも有効です!

TopBuzzはトレンド性の高い動画が高評価されるので、瞬間的な拡散力の強いSNSと相性が良いです。

特に、動画を投稿できるTikTok・Twitter・Instagramとの相性が抜群ですね。

作成した動画は必ずシェアしておきましょう!

このように、動画へのアクセス経路を複数育てることもポイントです!

NGワードを使わない

TopBuzzには、いくつかNGワードがあります。

NGワードを使った動画を投稿すると、運営から動画を削除されたり、最悪の場合はアカウントを停止される可能性もあります。

一般的なモラルに従っていればNGワードに引っかかることはありませんが、それでも事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

何がNGワードになるのかは、その時々の時勢によっても変化するので、定期的に公式の情報を確認してください。

著作権に気をつける

NGワードと同様に、著作権にも気をつけましょう

よくあるのは、BGMで使用した音楽の著作権に違反してしまう場合、既存の商品・サービスの商標登録に違反してしまう場合です。

著作権については、法律で明確に定められていますし、投稿ジャンルによって気をつけるポイントがある程度決まっているので、リサーチの際にチェックしておきましょう。

収益を引き出すには?

TopBuzzで得た収益を引き出すには、銀行振込とPayPal払いの2種類があります。

毎月2〜6日のあいだに振り込み申請をすると、15日前後の振り込みされます。

銀行振込だと基本的に手数料がかかってしまうので、PayPal払いにすると良いでしょう。

ただし最低出金額が5,000円以上になっているので、注意してください。

TopBuzzとYouTubeの違い

ではTopBuzzはYouTubeとはどう違うのでしょうか?

  • 収益化条件の違い
  • 再生単価の違い
  • チャンネルパワーの重要性の違い
  • アクティブユーザー数の違い

収益化条件の違い

YouTube条件はで広告が使えるようになる条件は、チャンネル登録者数1,000人以上かつ過去1年間の総再生時間4,000時間以上です。

どちらかというと、TopBuzzの収益化条件の方が易しいですね。

ただし、収益化したあとは、YouTubeの方が大きな金額を稼ぎやすいことも事実です。

再生単価の違い

YouTubeの方が、TopBuzzよりも再生単価が高いです。

具体的な数字は公式で公開されていませんし、アカウントによっても違いますが、YouTubeの方がおよそ5〜10倍ほどの再生単価になっていますね。

チャンネルパワーの重要性の違い

チャンネルパワーとは、動画を投稿するアカウントの集客力です。

検索結果でどれだけ上位に動画が表示されるか、どれだけほかの動画のおすすめ欄に表示されるかが、チャンネルパワーによって違います。

YouTubeの場合、チャンネルパワーによる集客力の変動がかなり大きいです。

YouTubeで収益を伸ばすことは、ほぼチャンネルパワーを育てることと同義になります。

一方、TopBuzzの場合は、チャンネルパワーの重要性が低いです。

なぜならバズる動画が高評価されるので、アカウント自体よりも動画が評価されるんですね。

そのため、つくったばかりのアカウントでもすぐに稼げる可能性が高いです。

ただしその分、TopBuzz内での集客が難しいので、SNSを併用してカバーする必要があります。

アクティブユーザー数の違い

TopBuzzとYouTubeの一番大きな違いは、アクティブユーザー数の違いです。

YouTubeの方が圧倒的にアクティブユーザー数が多いです。

アクティブユーザー数とは、閲覧用のアカウントを作成していて、実際に日々動画を閲覧しているユーザーの数になります。

どんなにチャンネル登録者数が多くても、実際に動画を閲覧してくれるユーザーの数が少なければ稼ぐことは難しいです。

またアクティブユーザー数は、そのままプラットフォーム全体の動画再生数にも比例するので、稼げる金額の上限も決まってきます。

より大きな金額を稼ぐならYouTubeの方が向いてますね。

TopBuzzで稼ぐなら戦略が重要

TopBuzzは、YouTubeと比べるとすぐに稼げるようになる分、収益の上限が低いという特徴があります。

またYouTubeよりもトレンド性の高い動画が評価されやすいです。

TopBuzzで稼ぐなら、こうしたプラットフォームの特徴をしっかり抑えて、その上で戦略を立てるようにしましょう!

この記事で紹介した収益を伸ばすコツを読んで、TopBuzzで稼げるようになってください!

よくあるQ&A

最後に、TopBuzzで稼ぐことに関してよくあるQ&Aに答えていきます!

  • トレンドネタをやるべき?
  • ぶっちゃけYouTubeとどっちがいいの?

トレンドネタをやるべき?

結論から言えば、トレンドネタをやった方が稼ぎやすいです。

ただし、トレンドネタに向いているジャンルと、向いていないジャンルがあります。

エンタメ系の動画や、最新の情報・商品を紹介できるジャンルは、トレンドネタに向いています。

しかし日常Vlog系の動画などはトレンドネタに向いていません。

トレンドネタに不向きなジャンルは、別のプラットフォームで投稿する方が稼げるでしょう。

ぶっちゃけYouTubeとどっちがいいの?

結論から言うと、YouTubeの方が稼げます

もちろん、稼げるようになるまではYouTubeの方が大変ですが、アクティブユーザー数が多く、どんなジャンルのどんな内容でも再生されやすいので、アカウントの路線変更をするときにも問題なくできるでしょう。

最初に決めた戦略が必ずしも稼げるとは限りませんし、むしろ路線変更を何度も繰り返して稼げるようになる人がほとんどです。

こうした柔軟性という面でも、収益の面でも、YouTubeの方が稼ぎやすいと言えます。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。ブログで累計5億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちら → Lv.1 ネットで稼ぐって?

2020年最新ポイントサイトランキング

【1位】モッピー

ポイントサイトのモッピー

会員数800万人の国内最大級のポイントサイト。Amazonや楽天でのショッピングもお得になるなど、ポイ活には必須レベルでおすすめです。東証一部上場企業が運営していて、安全性も最高レベル!

【2位】ECナビ

ECナビ

食事代などが無料になる「覆面モニター」やアプリのインストール案件が稼ぎやすいポイントサイト。こちらも上場企業が運営しているので、安全性はバッチリ!

【3位】げん玉

げん玉

私も10年近く、月30万円前後を稼いでいる大手ポイントサイトです。最大10万円分のポイントが当たる「モリガチャ」が目玉コーナー!

-ライブ配信サイト

© 2021 副業クエスト100