転売・せどりはもう稼げない?副業としておすすめしない3つの理由

稼げるネットビジネスの代表格だった「転売・せどり」は、ここ数年で一気に稼ぎにくくなり、撤退する人が増えています。

稼げなくなった理由は、転売規制がかなり厳しくなってきたから

これから転売やせどりを始めようとしている人は、果たして本当に利益が出るのかどうか今一度確認してみましょう。

今回は、転売・せどりが副業としておすすめできない理由をご紹介します!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開
おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】

副業としてはメジャーだった「転売・せどり」

安く仕入れて高く売る転売やせどりは「違法」「悪質」というイメージがあります。

実際は、最低限のルールさえ守れば胸を張って商売ができる職業なのです。

しかし、ここ最近「転売ヤー」という言葉をよく聞くようになりましたよね。

世間は転売を「悪」と認識して、転売・せどりを撲滅させようとする動きが出ています。

現実として、ここ数年で転売やせどりの利益はかなり下がってしまいました。

海外から独自の輸入ルートを作って頑張っている人もいますが、今から始めようとする転売・せどり初心者には難易度が高すぎます。

「なぜここまで稼げなくなったのか」原因を探っていきましょう。

粗利の大きかったチケット転売の終焉

転売の売り上げに大きく貢献していたのは、チケットの転売です。

購入したチケットを定価以上の価格で転売することで、その差額が利益になります。

特に人気アーティストもしくはアイドルのコンサートチケットは、定価の10倍の価格でも落札されることも…。

そんなおいしいチケット転売ですが、転売対策の強化により終息を迎えようとしています。

チケット転売屋はどう稼いでる?転売ヤーの違法性・逮捕例も調べてみた。

続きを見る

チケットの不正転売が違法に…

2019年に「チケット不正転売禁止法」が施行され、チケットの転売が厳しくなりました。

それによって、顔写真の提出を求めるチケット販売サービスが増えたのです。

ただし、チケットを売ること自体は違法ではありません。

チケット不正転売とみなされるのは以下の行動です。

  • 定価より高額で販売されている
  • 大量に購入している(初めから転売目的で購入している)

要するに、「金設けしようとしている時点で違法だぞ!」ということですね。

純粋に、「急な用事で行けなくなったからチケットを売ろう」という目的ならOK!

転売ヤーからすると、金儲けできない時点でチケット転売をするメリットがなくなってしまった訳です。

嵐のチケット転売で初の逮捕者。東京オリンピックのチケット転売を考慮して厳しくなってる模様。

続きを見る

転売チケットが使えない

ここ最近で、本人確認が必要なライブが増えてきて転売チケットが使えなくなりました。

コンサートの主催者側も入場時の本人確認を徹底して、転売されたチケットを無効にする処置を取っています。

例えば、親名義で買ったチケットを持つ娘でも本人確認できるものがなければ入場できません。

購入した本人以外入場は認めない姿勢なので、転売しようにもチケット自体が使えないのです。

メルカリ転売も規制が厳しくなってきている

スマホ1つで誰でも簡単に売り買いできるフリマアプリ「メルカリ」は、せどり・転売屋にとって重宝していたサービスの1つでした。

しかし、メルカリ内でも「出品禁止の品物」が増加しています。

  • 偽ブランド品
  • 違法CD・DVD
  • 無断使用した芸能人の写真・サイン
  • 危険物(花火・ガソリン・毒物)
  • 化粧品のテスター
  • 児童ポルノ作品
  • その他18禁関連
  • 医薬品・危険ドラッグ
  • 生ものの食品
  • たばこ
  • 農薬・肥料
  • 現金・金券・チケット類
  • 領収書
  • ゲームアカウント・データ
  • 代行業
  • 福袋
  • 個人情報の取引

これ一部分ですよ?

もっと調べればまだまだあります。

最近だと、新型コロナウィルスの影響によるマスクの高額転売が問題になり、メルカリでもマスクの出品が禁止となりました。

ただ先ほども言いましたが、転売自体に違法性はありません。

定価より高額な取引をおこなう転売ヤーが多いので、メルカリもかなり問題視しているようです。

現に高額転売される可能性が高い品物を中心に禁止していますね…。

メルカリに限らず、ヤフオクや楽天オークションなど大手オークションサイトの転売規制は年々厳しくなってきています。

メルカリ転売って儲かるの?やり方とか違法性についてまとめてみた【副業】

続きを見る

ライバルが増えてきた

「需要がありそうな商品をまとめて注文して安く仕入れる」

「安く仕入れた商品を高値で売ることで儲けに繋がる」

店舗がやっていた手法を個人でやることで、副業でも利益が出ていたせどりや転売業。

そんなハイリスクハイリターンな副業に手を出す人がどんどん増えています。

最近は、ブログやYouTubeなどで転売で稼ぐコツを紹介する人が出てきており、せどりや転売に興味を持つ人も多いです。

しかし、よく考えてみてください。

これだけ転売規制が厳しくなっているのに、せどり・転売を始めようとする人は増えていく一方。

もちろん、先にせどり・転売に目をつけて成功した偉大な先輩達もいます。

ただでさえ「転売=悪」というイメージが根強く、転売商品を買わない消費者が増えているのに、果たして転売で稼ぐことはできるのでしょうか。

また、よく見かける転売で稼ぐコツの紹介動画やブログは、「もっとたくさん稼ぐ方法を教えますよ!」と有料サロンへ誘導するケースがほとんどです。

主に、ライバルが増えてきて売り上げが落ちた転売ヤーがノウハウを教える代わりに会費を徴収しています。

これから今まで以上にせどりや転売の規制が厳しくなると予想しているので、副業として収入を得るのはかなり難しくなってくるでしょう。

他にも稼ぐ方法はたくさんあるので、他の方法で稼いだ方がおすすめですよ!!

おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】
  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-転売・せどり

Copyright© 副業クエスト100 , 2020 All Rights Reserved.