在宅でテープ起こし・文字起こしができるクラウドソーシングサービス3選

在宅ワークとして人気の「テープ起こし・文字起こし」。

スキルも必要なく、ハードルが低いため、チャレンジしたいと思っている方も多いと思います。

とはいえ、

「自分にもできるのかな…」

「あんまり稼げなさそう…」

「どうやって始めればいいか分からない…」

と不安な方もいるでしょう。

そこでこの記事では、テープ起こし・文字起こしとはどんな仕事なのか、どれくらい稼げるのか、そして今日から実際に始められる方法を紹介します!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

副業に使えるクラウドソーシングサービス9選 - 初心者におすすめのサイトを比較してみた。

続きを見る

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開
おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】

テープ起こし・文字起こし案件とは?

テープ起こし・文字起こしとは、録音された音声を文字として起こす仕事です。

講演会・インタビュー・会議などの音声を録画し、その録音テープを聞きながら内容を文字に起こしていきます。

文字起こしの作業には、大きく分けて2種類あります。

  • 素起こし
  • ケバ取り

素起こし

素起こしとは、録音された音声をそのまま文字に起こす作業です。

テープの内容をそのまま文字に起こすため、正確性が重要になります

ケバ取り

ケバ取りとは、余分な部分を取り除きながら文字に起こす作業です。

例えば「あの、えーと」などの口語的な部分を切り取り、文章にしたときに読みやすいよう整えます。

また場合によっては、要点を抜き出し、分かりやすく要約する作業が必要な場合もあります。

未経験でもできるの?

文字起こしは未経験でも全然OKです!

むしろ、他のライティング案件に比べると、始めるハードルは低くなっています。

知識やノウハウは必要なし

文字起こしは、元々ある音声を文字に起こすだけの作業です。

1から物語を作る必要もないし、書くために必要な知識をリサーチする必要もありません。

そのため、日本語が分かれば誰でも案件をこなすことが可能です!

ケバ取り案件の場合は、要約が必要になる場合がありますが、簡単なのですぐにできると思いますよー!

専門知識が必要な仕事もある

例外として、専門知識が必要な場合があります。

それは、文字起こしするテープの内容が専門的な場合です!

例えば、専門家のインタビューは、難しい専門用語が多くなる傾向があります。

その場合、知識がないと正しく文字起こしができなかったり、いちいち調べなければいけないため、時間がかかってしまいます。

ただ、こういった専門知識が必要な案件は、報酬も高くなります

もしあなたが専門的な知識を持っているなら、チャレンジしてみるのもいいかも!

受注するときに必要なものは?

文字起こしの案件を受注するとき、以下の2つのものが必要になります。

  • パソコン
  • イヤホン or ヘッドホン

パソコン

文字起こしの案件は、基本的にパソコンで入力し、データとして提出します。

そのため、パソコンは必須です!

また、パソコン内にwordソフトが入っていると、案件の幅が広がります。

wordが必須となる場合もあるため、導入してない方はこの際に入れておくといいかもしれません。

スマホでできる仕事もあり

先ほど「パソコンは必須」と紹介しましたが、実は例外としてパソコンが必要ない場合があります。

それは、スマホ可の案件を受注する場合です!

文字起こし案件の中には、数自体は少ないですが、スマホで入力し、そのまま送信できるものがあります。

タイピングよりスマホ入力の方が早い場合は、スマホ案件を探してみるのもおすすめです。

イヤホン or ヘッドホン

文字起こし案件を受注するとき、イヤホンorヘッドホンを持っておくことで、2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、文字起こしの効率が上がることです!

イヤホン or ヘッドホンを使うと、スピーカーより音質が良い状態でテープを聞くことができます。

すると、聞き取りづらい箇所が減り、聞き直す回数を減らすことができるのです。

その結果、文字起こしのスピードを上げることができます。

2つ目のメリットは、外出先でも作業が可能になることです!

例えば、「家では集中できない」「出先のスキマ時間で作業がしたい」などの理由で、外で作業をした方も多いと思います。

イヤホンを持っておけば、いつでもテープを聞くことができるので、好きな場所で文字起こしを進めることができます。

平均収入はどれくらい?

文字起こし案件の平均的な報酬は、60分のテープで5,000円程です。

これだけ聞くと、時給5,000円と超高額ですが、実際はそこまで稼ぐことはできません。

なぜなら、一発ですべてを聞き取りきることはできないからです!

例えば、

「対話形式のテープだから、複数人の言葉を別々に書かなきゃいけない」

「反響やノイズで声が聞こえづらく、何度も再生しなおさなければいけない」

上記のような理由で、実際やってみると結構時間がかかってしまいます。

慣れてない方の場合、60分のテープを文字起こしするのに10時間以上かかってしまう場合も…

大体平均すると、60分のテープで4~5時間、時給換算すると1,000円前後に落ち着きます。

実際に仕事を受注する方法

結論から言うと、文字起こし案件を受注するなら、クラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用することをおすすめします。

なぜなら、初心者でも簡単に案件をGETできるからです!

クラウドソーシングとは、企業と個人を繋げてくれるサービスです。

募集している案件数が多く、初心者でも始めやすいですが、1つだけデメリットがあるんです…

そこでここからは、クラウドソーシングを利用して案件を探すメリットとデメリットを紹介します。

クラウドソーシングを使うメリット

クラウドソーシングを使うメリットは2つあります。

1つめは、案件数が豊富で、仕事が探しやすいことです!

初心者OK、未経験者歓迎など、誰でもできる案件が並んでいるため、すぐに仕事を始めることができます。

2つめは、トラブルになりにくいところです!

直接企業の案件を受けると、報酬の未払いや、納品後の音信不通など、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

特に初心者は、単価や勝手が分からないため、そういったトラブルに出会いやすいです。

クラウドソーシングを利用しておけば、個人と企業間の連絡、報酬の受け渡しなどの仲介役となってくれるので、トラブルに巻き込まれる可能性が低くなりますよー!

クラウドソーシングを使うデメリット

逆に、クラウドソーシングを使うとデメリットもあります。

それは、手数料が引かれることです。

クラウドソーシングを利用して案件を受注すると、仲介手数料として報酬から1割ほど引かれてしまいます。

そのため、ずっと使い続けていると、少し損に感じてくるかもしれません…

ただ、クラウドソーシングは仕事の探しやすさ、トラブルの少なさの観点から、文字起こしを始めたい人にとってはかなり魅力的なサービスです。

そこでおすすめなのが、以下の使い方です!

  1. 最初はクラウドソーシングで始めて、経験を積んでいく
  2. 慣れてきたら、自分で案件を取りにいく

これが効率的な稼ぎ方だと思いますよー!

テープ起こし&文字起こし案件があるクラウドソーシングサービスまとめ

ここからは、実際に案件を取りに行く際におすすめのクラウドソーシングを3つ紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

魅力は、とにかく案件数が多いこと

1日に何十件もの案件が登録されています。

クライアントの中には、中小企業だけでなく上場企業もあるので、そういった環境で実績を積むこともできますよー!

クラウドワークス

クラウドワークスで副業をするのが最もおすすめな理由【評判と攻略法まとめ】
クラウドワークスの"ブログライター&文字起こしの平均収入"まとめてみた。

続きを見る

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスに並び、最大級の規模を誇るクラウドソーシングサイトです。

案件数はクラウドワークスより少し劣りますが、それでも毎日大量の案件が登録されています。

ランサーズとクラウドワークスに登録される案件はそれぞれ違うため、どちらも登録しておくのがおすすめです。

ランサーズ

初心者がランサーズで副業するときに知っておきたい9つのポイント【評判・口コミまとめ】

スキルクラウド

上記2つに比べると、比較的新しいクラウドソーシングサイトです。

このサイトのメリットは、ライバルが少ないこと

案件数は劣ってしまいますが、新しいサイトのためライバルも少ないので、初心者には狙い目のサイトですよー!

スキルクラウド

スキルクラウドは稼げる?ネット評判・口コミについて調べてみた。
  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-クラウドソーシング

Copyright© 副業クエスト100 , 2020 All Rights Reserved.