サラリーマンにおすすめの「副業バイト」ランキングTOP10【2019年版】

サラリーマンの方でも副業をしやすくなってきた今の時代。

老後に必要になると言われているお金2000万円を稼ぐためにも、本業の他にもう1つ副業をやっておいた方が人生は安定しますね。

今回はサラリーマンの方に特に人気の副業をランキングにしてみたので、「そもそもどんな副業があるの?」という人は参考まで。

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開
おすすめのネット副業35選まとめ - 人気の在宅副業ランキング【2019年版】

サラリーマンにおすすめの副業ランキングBEST10

1位 クラウドソーシングでの「在宅ワーク」

ネット上で仕事をしたい人としてもらいたい人をマッチングしてくれるクラウドソーシングサービス。

データ入力・ブログの記事執筆代行・プログラミング・デザインなど、ネット環境とパソコンがあれば稼げる在宅ワーク案件もめちゃくちゃ多いです。

休日の1時間からできる案件もたくさんあるので、サラリーマンの人にも人気ですね。

評価制度があり、評価が貯まるほど高単価になりやすいので、最初のころは単価が低めなのが仕方ないところ。

慣れてくれば作業スピードも上がり、単価も上がりやすくなる傾向にあります。

在宅ワークが初めての方は、日本最大のクラウドワークスに案件がたくさんあるので、データ入力や簡単な記事作成から始めてみるのがおすすめですよー!

副業に使えるクラウドソーシングサービス9選 - 初心者におすすめのサイトを比較してみた。

2位 成功すれば超稼げる「ブログアフィリエイト」

ブログが資産化されるまでに最低でも3ヶ月〜半年はかかりますが、一旦作ってしまえば、自分が寝ている間にも稼ぎ続けてくれる不労所得になってくれます。

ちなみに私も月300万円以上を稼いでいます。(収益は以下で公開)

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開

稼ぐためには検索エンジン最適化(SEO)を学んで、Googleの上位を取らなくてはいけません。

そのためには多くの人から読まれやすく役に立つ情報をまとめてSNSでシェアしてもらうことが大切です。

最初のうちは全く稼げないことも多いため、諦めず続けられる根気は必要ですね。

まずはA8.netでどんな広告があるのかを見て、自分ができそうなジャンルを絞っていくことから始めましょう。

ブログ1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収入をまとめてみた。【年収公開】

3位 お小遣いレベルなら誰でも稼げる「ポイントサイト」

月に5,000円から1万円程度であれば、ポイントサイトで日常のスキマ時間に無理なく稼ぐことも可能です。

ちなみに私はブログやSNSと連携することで月に200万円以上の収益を得ています。

げん玉・モッピーのポイントサイト収益まとめ【2019年11月更新】

さすがにここまで行くのには時間がかかりますが、月1万円程度であれば割と簡単に稼ぐことができます。

モッピーなどを使って無料会員登録をくり返すだけでも数万円は稼げますし、クレジットカード発行などを組み合わせればもっと稼ぐこともできます。

お小遣いに少しプラスしたいくらいならば、スマホだけでも出来るのでおすすめですよー!

おすすめのポイントサイト完全比較ランキング - お小遣いサイトTOP10【2019年】

4位 週1日だけ働く「土日バイト」

週末など休日を活用してガッツリ稼ぐなら、1日バイトや短時間バイトがおすすめです。

土日は人手も多く必要なため、重宝されるうえバイト代も高いなど、メリットが多いですね。

短期バイトは登録制なことが多く、1日から働けるので自分のスケジュールに合わせやすいのも強みですね。

バイトルなどのバイト探しサイトで募集されているので、一度どんな短期バイトがあるのか見てみましょう!

バイト探しサイトを10コ比較してみた!バイトル・an・インディード・バイトレはどれがいい?【副業】

続きを見る

5位 スマホで稼げる「アンケートモニター」

アンケートモニターサイトはスマホアプリも多く、ポイントサイトと同じく通勤時間などのスキマ時間で手軽に稼げるのが魅力です。

登録したメールアドレスへアンケート情報が届くので、サイトを開く手間が省けるのも良いですね。

短時間で回答できるものから、しっかりと答える内容のものまでさまざまありますが、時間のかかるアンケートほど報酬も高くなります。

日本最大級のリサーチパネルが一番案件数が多く、おすすめですね。

さらに案件数が欲しくなったら複数のアンケートサイトに登録していきましょう!

アンケートモニターで稼ぐ方法と"おすすめの稼げるアンケートサイト"5つ比較してみた。

6位 動画配信で稼ぐ「Youtuber」

サラリーマンでも動画を作成してYouTuberとして稼いでいる人も多いです。

ただし、視聴者の役に立つネタや面白いネタを考え、動画を撮影・編集するとかなりの時間を要します。

休日に効率よく稼いでいくためには、趣味や得意なものがあれば、それに特化した動画を配信し続けるのがコツです。

また、世界中に視聴者がいることを意識して、英語の字幕を入れるなど工夫するのもおすすめですね。

スマホ
Youtube副業ってどうなの?ユーチューブでお金を稼ぐための5つの方法

7位 手間はかかる「ヤフオク・メルカリ転売」

転売は『安く仕入れて高く売る』のが基本です。

最初は自宅にある不用品から販売してみて、取引に慣れてきたら「どんな物が売れやすいのか」をリサーチしていきます。

販売価格から送料やシステム手数料が引かれるため、それらを考慮して販売価格を決めます。

どうしても購入者優位な状況が多く、購入者とのやり取りや梱包など、面倒な部分も多いですね。

個人的にはそこまでおすすめ度は高くないですが、ネットビジネスとしては人気なので、初めての副業として選ぶ人も多いですね。

メルカリ転売って儲かるの?やり方とか違法性についてまとめてみた【副業】

8位 外国人向けの不動産で稼ぐ「Airbnb」

民泊サービスを仲介しているAirbnb(エアビーアンドビー)は、日本では民泊問題として騒音やセキュリティなどで度々ニュースになっています。

しかし、空いている部屋がある人は貸し出して稼ぐことができ、新たな旅行のスタイルとして世界ではとても人気になっています。

ホームステイ型と丸々貸し出す形があり、ホームステイ型は多少でも英語ができれば、文化の違いを楽しみながら収入を得ることができます。

スマホアプリもあり、都市部・観光地ではわりと予約が入りやすいですね。

登録前に経験者のブログを見ておくと、文化の違いによるトラブルなども未然に防ぐことができるでしょう。

Airbnbビジネスって副業としてどうなの?民泊で月20万円稼ぐ方法を特集!

9位 知識をレクチャーできる「タイムチケット」

空いた時間に自分の得意なことやスキルをレクチャーして稼げるサービスです。

時間も30分から可能なので、休日などの空いた時間を活用して収入を増やすことができます。

カフェなど対面で行うことが多いですが、スカイプだけでも可能ですね。

比較的都内が多いため、地方に住んでいる人は電話・メール・スカイプでのサービス提供になります。

起業やキャリアアップなどの「ビジネスに関する相談」が人気ですが、ただ一緒にランチをしながら話をするなどの案件もけっこう多いです。

Facebookに連動しており、身元の確認が取れているので安全性は高いですよー!

タイムチケット

タイムチケットで副業は出来るのか!?やり方と口コミとかまとめてみた。

10位 応募しまくって稼ぐ「ネット懸賞サイト」

今は簡単に応募できるネット懸賞サイトも多いですし、私もクオカードなどが当たったことがあります。

ちなみにフリーメールを使えば迷惑メールを気にせずに大量に応募ができますよー!

おすすめのフリーメールアドレス7選まとめ - 無料で使えるメールを比較してみた。

応募すればするほど当選確率も上がりますし、当たった賞品は転売で稼ぐこともできます。

ただし、ツイッターでは企業を装った偽アカウントもあり、詐欺も多いのでしっかりと公式サイトかどうかを確認してから応募しましょう。

懸賞は住所や電話番号など個人情報を入力することになるので、ちょっとでも怪しい文面があったり、情報の出所が怪しい場合には、応募しないようにしましょう。

フルーツメールなどの大手サイトを使えば安心なので、有名な懸賞サイトだけを使うことをおすすめします。

かなり当たる!おすすめのネット懸賞サイト・懸賞アプリランキングTOP10【無料】

続きを見る

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ネット副業100選

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.