レシートがお金に?レシート買取アプリ「one」で稼げる仕組みとは?

今回はレシートを10円で買い取ってもらえるアプリである「ONE」についてガッツリ特集してみました!

毎年新しい副業が出てきますが、「レシート買取アプリでどれくらい稼げるのか」ちょっと気になる人はぜひ!

今回紹介する副業「レシート買取アプリ」

稼ぎやすさ
(月3,000円まで稼げる)
始めやすさ
(アプリでレシートを撮影するだけなので、誰でも始められる)

すべての副業は以下の記事で紹介しています。

おすすめの副業51選!稼げる在宅ワークをランキングしてみた【2021年版】

続きを見る

こちらもCHECK

ブログ収益を公開してみた【現在300万/月】

続きを見る

レシートがお金になるアプリがある!

ONEというレシートアプリをご存知でしょうか?

2018年6月にリリースし、あまりのアクセスの多さに、リリース直後に買取が停止してしまったほど人気になったアプリです。

アプリのダウンロード数は3日間でなんと20万ダウンロードを超え、Appleストアの無料アプリランキングでは、2日連続で1位を獲得しています。

2021年には、テレビCMの放送がスタートするなど、今大注目のレシート買取アプリです!

どうしてレシートを買い取ってくれるの?

ONEの目的は、ユーザーの消費傾向を把握すること。

ユーザーからレシートを買い取ることで決済データを入手し、そのデータを必要とする企業へ販売して収益化する仕組みです。

企業は、個人の消費傾向を把握することにより、今後消費者のニーズに合ったサービスの提供や提案できます。

例えば、レシートの情報から新商品を開発、クーポンやキャンペーンの打ち出しができるんです。

レシート買取アプリ「one」の稼げる仕組み

出典:https://play.google.com

ONEはとてもシンプルで使いやすいのが特徴で、ダウンロードするだけで利用することができます。

1枚最大10円で買い取ってくれる!

 

出典:https://play.google.com

レシートは、1枚最大10円で買い取ってくれます。

やり方は、買い物した際にもらうレシートを写真を撮って送るだけ!

その際、購入商品額や商品点数など関係なく、金額は統一されます。

レシートは1日5枚まで買取可能

出典:https://play.google.com

1日に登録できるレシートは5枚までです。

10円で買い取ったとして、1日MAX50円で月1,500円稼げる計算になりますね。

レシート以外も買い取ってもらえる

出典:https://play.google.com

実は、レシート以外にも以下の書類の買取をおこなっています。

  • 保険証
  • 公共料金の明細書
  • 携帯料金の明細書
  • シャンプーのボトル
  • ブランド物全般
  • 空の写真

一部物販の買取もあるようですが、明細書がメインになります。

ものによっては、最大400円で買取する場合もあるんだとか!

オンライン注文のスクリーンショットも買取可能

2020年12月より、2ヵ月以内にショッピングアプリやデリバリーアプリで購入した領収証のスクリーンショットも、買取の対象になりました。

こちらも1枚最大10円で、「購入日」「商品名」「購入数」「価格」「ショップ名」が記載された画面をスクショします。

対象サービスは以下の通りです。

  • Amazon
  • 楽天
  • ZOZOTOWN
  • ウーバーイーツ
  • 出前館
  • Woit
  • Chompy
  • menu

大手の通販サイトやデリバリーサービスが対象なので、かなり需要が高いコンテンツです!

300円から銀行振込で換金可能

oneで貯めたお金は、300円から出金することができます。

ほぼ全国すべての金融機関に対応しているところが嬉しいですね。

ただし、出金時には利用者負担で200円がかかります。

 iPhone版もAndroid版もある

2019年からAndroid版もリリースされ、今では両方ダウンロードすることが可能ですよー!

oneの他にもある"おすすめのレシート買取アプリ"4選

ONE以外にもレシートを買い取ってくれるお小遣い稼ぎアプリは存在します。

現時点ではONEが一番おすすめですが、気になる人は以下も併せて使ってみましょう!

ちなみに他のお小遣い稼ぎについては以下でまとめているので、「なんか面白い副業ない?」と思っている人はぜひ!

おすすめの副業51選!稼げる在宅ワークをランキングしてみた【2021年版】

続きを見る

CODE

出典:https://code.r-n-i.jp/

CODEは、oneと同じくレシートをスキャンすることでお小遣い稼ぎができるレシート買取アプリです。

こちらはポイント制で、1回登録ごとに1~5,000ポイントがゲットできます。

また、アプリ内でちょっとした懸賞やアンケート回答でもらえるポイントも実施中です。

CODEは、レシート撮影以外で稼げるコンテンツがあるのも大きな魅力の1つです。

レシーカ

出典:https://tsite.jp/r/receika/

レシーカは、レシート登録することでTポイントがゲットできるレシート買取アプリです。

1枚登録するごとに1ポイントで、1日最大3ポイントまでとなっています。

また、登録したレシートは「食費」「日用品」といったカデコリに自動分類されるので、そのまま家計簿として活用できるのも魅力!

CASH b

出典:https://cashb.jp/

CASH bは、レシート買取以外に指定されたお店へチェックインするだけでポイントが稼げるお小遣いアプリです。

スーパーやドラックストアなど、チェックインの該当店舗を選択した後、「GPS」「Bluetooth」「チェックインのお知らせ」をオンにします。

あとは、実際にお店に着いたらチェックインのボタンを押すだけ!

また、oneと大きく違うのが、登録できるレシートが限られているという点です。

レシートなら基本なんでも買取できるoneに対して、少し難易度は高いかもしれませんね。

楽天パシャ

出典:https://pasha.rakuten.co.jp/

楽天パシャは、楽天ポイントがゲットできるレシート買取アプリです。

コンテンツは、指定された商品の購入レシートを登録する「今日のトクダネ」と、スーパーやコンビニなど指定された店舗の購入レシートを登録する「きょうのレシート」の2種類あります。

1枚につき1ポイントで1日最大5枚まで登録可能です。

ただ、「今日のトクダネ」は購入前に手続きが必要なのと、「きょうのレシート」は当日分のみ有効なので、うっかりさんには少しハードルが高いかもしれませんね。

ONEの開発者はなんと高校生!

開発者でもあり、ワンファイナンシャルのCEOはなんと当時17歳の現役高校生、山内奏人さん。

山内さんが開発した『ONE』は、当初の予定では月に1万件ほどの利用を見込んでいたそうですが、実際には約半日足らずで10倍にもなったとのこと。

現在19歳の山内さんは、どういう経緯で「one」を生み出すことができたのでしょうか。

「one」を開発するきっかけ

山内さんが「one」を開発するキッカケとなったのは、スイスの友人からもらった現地の小銭でした。

その時、「自分にとっては価値のないものでも、誰かにとっては喉から手が出るほど欲しいもの」が自分の周りにもないかと考え始めたのだそうです。

そこで目に留まったのが、日常的に使っているのにそのものでは価値を持たない『レシート』でした。

レシートは購入店舗や地域、日付や時間、金額や商品など、企業にとってはビッグデータのひとつです。

個人のマーケティングに活用可能なことに着目し、この『ONE』というサービスが生まれました。

山内さんの軌跡

小学5年生の時から「世界に大幅に遅れをとっている日本を復活させるにはどうしたらいいか」と考えてきたという山内さん。

6歳の時に初めてパソコンに出会い、10歳の頃には図書館でプログラミングの本を借りて読むようになりました。

その後はプログラマーのコミュニティへ参加して、その知識をどんどんと深めていったそうです。

小学6年生の冬には、プログラミング国際コンテストで最優秀賞に選ばれました。

16歳で1億円の資金調達に成功

2017年10月、ONEファイナンシャルは1億円の資金調達に成功しました。

当時はまだ16歳だった山内さんですが、すでにスマホで簡単にカード決済のできる『ONE PAY』を開発していました。

しかし、不正利用が相次ぎやむなくサービスを停止しましたが、わずか16歳でここまで影響力が持てるのがすごいですね!

最初は一時停止と再開の繰り返しだった

ONEの運営は、当初から順風満帆だったわけではありません。

リリース当初は、想定以上の利用者数に対応が追い付かず、一時停止と再開を繰り返していました。

ONEの運営に苦戦しつつも、DMM AUTOと連携し、ガソリンスタンドのレシートの買取も開始しています。

ガソリンスタンドのレシートは、1枚30~100円での買い取りが可能です。

今後の展望は「次世代の金券ショップの誕生」

山内さんはフィンテック、つまり金融とITの融合による東京の遅れを取り戻したいと考えています。

東京の巨大な経済市場でありながら、キャッシュレス化しない日本、長い間低迷している経済状況を打破することが目標です。

「次世代の金券ショップのようなものを作っていきたい」という山内さん。

ひとつのサービスから派生させてより多くの金融の仕組みを作るサービス展開を考えています。

例えば、ギフト券やレシートの買取を重ねて信用がついていけば金額を上乗せできるサービスなど…。

山内さんが今後どのような事業展開をしていくのか注目していきたいですね。

きぐち

ブログ17年目。月800万PV達成。30年分くらいは貯金できたので、今はFIRE(早期リタイア)してゆったり生きています。 プロフィールとブログ収益

2021年のポイントサイトランキング

【1位】モッピー

ポイントサイトのモッピー

会員数800万人の国内最大級のポイントサイト。Amazonや楽天でのショッピングもお得になるなど、ポイ活するなら一番おすすめ。東証一部上場企業が運営していて、安全性も最高レベル。

【2位】ポイントタウン

スーパーのチラシをチェックしてポイントがもらえたり、レシートを買い取ってもらえるなど、毎日の生活がお得になるポイントサイト。

【3位】ECナビ

ECナビ

食事代などが無料になる「覆面モニター」やアプリのインストール案件が稼ぎやすいポイントサイト。上場企業が運営しているので、安全性もバッチリ。

-ネット副業100選