ミクチャのライブ配信は稼げるのか?使い方や危険性についてまとめ

10代の若者を中心に大人気の動画投稿・ライブ配信サービスの「ミクチャ」

周りの人が使っていて、興味がある人も多いんじゃないでしょうか?

でも実際使うとなると、他のアプリと迷ってしまったり、使いこなせるか不安だったりしますよね。

そこでこの記事では、ミクチャの魅力や使い方について詳しく紹介していきます!

こちらもCHECK

【2020年】おすすめの稼げるライブ配信アプリランキング16選【投げ銭で稼ぐ方法】

続きを見る

【月1200万前後】1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開

続きを見る

おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】

続きを見る

ミクチャとは?

ダウンロード数 1300万件以上
投げ銭システム あり
交換レート ライバー事務所による
運営会社 モイ株式会社

ミクチャ(MixChannel)は、株式会社Donutsが運営している動画・ライブ配信サービスです。

2013年に動画投稿サービスとしてリリースされ若者を中心に大ブームになり、2017年からライブ配信機能が実装されました。

現在ユーザー数は1000万人以上10代を中心に人気となっています。

ミクチャは拡散力が強く、多くの人気者を輩出しています。

例えば「PPAP」で大ブレイクした「ピコ太郎」もミクチャから人気者になった中の一人です。

ミクチャを使うとたくさんの人に見てもらえるため、人気者になりたい人にはもってこいのサービスとなっています!

ミクチャの特徴

ミクチャの特徴は4つあります。

  • ショートムービーが投稿できる
  • ライブ配信中に音楽を流せる
  • 共同アカウントが作れる
  • ラジオ配信ができる

それぞれ詳しく紹介していきます!

ショートムービーが投稿できる

ミクチャでは、ショートムービーを作成し、たくさんの人に見てもらうことができます。

ショートムービーの投稿アプリと聞くと、真っ先に思い浮かぶのがTikTokですよね。

ただミクチャとTikTokには、少し違いがあります。

1つめの違いが、作成できる動画の長さです。

TikTokは15秒(動画を繋げることで1分30秒)までです。

対してミクチャは3分まで動画を作成でき、TikTokより長くなっています。

2つめの違いが、編集機能です。

ミクチャには、早送りなどの基本的な機能はもちろん、独自のエフェクトや派手な文字装飾など、TikTokより多彩な機能が備わっています。

以上のことから、ミクチャとTikTokは同じショートムービーでも用途が少し違うのです。

  • TikTok…短い動画をサッと作れる
  • ミクチャ…長い動画をガッツリ作り込める

ライブ配信中に音楽を流せる

ミクチャでは、ライブ配信中に音楽を流すことができます。

一般的なライブ配信アプリでは、BGMを流すとなると、部屋自体に音楽をかけたり、外部機器を取り付けなければいけません。

ただ、ミクチャにはあらかじめ音楽が入っていて、その中から自由に選択して流せるのです!

ちなみに入っている音楽は、有名な流行のJ-POPが多く、全て原曲となっています。

また、ミクチャにはカラオケ機能もあり、その音楽を使ってカラオケ配信も可能です!

しっかりと歌詞も表示されるので、まるでカラオケルームにいるかのような環境で配信できます。

共同アカウントが作成できる

ミクチャでは、1つのアカウントを共同で所有できます

カップルや友人同士で使い、思い出を動画としてUPなど、色々な使い方が可能です。

方法はとても簡単で、Twitterアカウントを登録するだけ。

共同で動画編集もできるので、動画を撮る → 動画を編集 → 動画を投稿、全ての工程を一緒に楽しめます!

ラジオ配信ができる

ライブ配信というと、顔を出して雑談したり歌を歌ったりなどのが主流ですよね。

でもミクチャにはラジオ配信という機能があり、顔を出さずに配信できます!

ラジオ配信とは、その名の通りラジオのような感覚で配信できる機能で、画面は一切映らず、声のみで配信が可能です。

そのため、顔出しをするのが心配な初心者でも、安心して配信できますね。

危険性はないの?

結論から言うと、基本的には安全です。

一般的なライブ配信サービスの運営は、海外の会社が行っていることが多いですが、ミクチャの運営をしているDonuts社は日本の企業です。

そのため、管理やサポート体制がしっかりしているため、安全に利用できます!

ただ、1つだけ気を付けなければいけないのが、プライバシー問題です。

ミクチャで顔を出すということは、不特定多数の人に自分の顔を知られるということ。

顔だけなら大きな問題になる確率は低いですが、そこに住所などの個人情報が合わさると、犯罪に巻き込まれてしまう場合もあります。

配信する際は、個人情報が特定されるものが映らないよう気を付けましょう

ライブ配信・動画配信で稼げるの?

結論から言うと、ミクチャは基本的に収益化できません

いくらファンを増やしても、いくら人気者になっても、お金を稼ぐことはできないんです…

ただ、1つだけ収益化する方法があります。

それは公式ライバーになることです。

事務所に所属し公式ライバーになることで、収益を受け取れるようになります。

ちなみに、公式ライバーになると3つの形で稼ぐことができます。

1つめが投げ銭です。

視聴者から、有料アイテムをプレゼントしてもらうことで、その分の収益をGETできます。

還元率はだいたい25%程です。

2つめが時給制です。

事務所からライブ配信した時間に合わせて報酬を貰うことができます。

ある程度知名度や人気が無ければ貰うことはできませんが、投げ銭に頼ることなく安定して稼ぐことが可能です。

3つめがファンクラブサービスです。

ミクチャにはファンクラブという機能があります。

自分で月額(300~10,000円)を指定して、毎月払ってもらうという仕組みです。

ファンクラブ内では、限定動画やライブ配信ができます。

もし、ミクチャでライバーとして稼ぎたいのであれば、事務所に所属するのを検討してみるといいかもしれません。

ミクチャの使い方

ここからは、実際にミクチャを使ってライブ配信をするまでの方法を紹介します。

ミクチャの登録方法

① MixChannelのアプリをインストール後、起動します。

②会員登録をします。「twitter」「LINE」「Google」「Facebook」を利用して登録できます。好きなものを選んでタップしてください。

③「写真」「ニックネーム」を入力します。入力後、表示されているパスワードを入力し、「次へ」をタップしてください。

④「性別」「生まれた年」を入力します。入力後「次へ」をタップしてください。

これで登録は完了です。

ミクチャのライブ配信方法

①トップ画面から、中央下にあるカメラマークをタップします。

②「ライブする」「動画をつくる」と表示されるので、「ライブをする」を選択。

③「ライブ配信する」「ラジオ配信する」と表示されるので、好きな方を選んでください。

④配信のタイトルなどを入力し、「START」をタップすると開始されます。

これでライブ配信をすることができます。

他にもおすすめライブ配信サイトを以下でまとめているので、気になる方はぜひ!

【2020年】おすすめの稼げるライブ配信アプリランキング16選【投げ銭で稼ぐ方法】

続きを見る

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

2020年最新ポイントサイトランキング

【1位】モッピー

ポイントサイトのモッピー

【2位】ECナビ

ECナビ

【3位】げん玉

げん玉

-ライブ配信サイト

© 2020 副業クエスト100