銀行の振込手数料を節約する方法 - ネットバンクの振り込み手数料比較表

更新日:

ネットオークションで商品を落札した時やポイントサイトの換金時に気になるのが振込手数料。

この振込手数料を節約する基本的な方法としては、楽天銀行などのネットバンクを使うことが挙げられます。

楽天銀行があれば振込手数料が無料になることも多く、オークションの落札時は安く、出品時は入札を多くする事ができます。

またゴールドラッシュプログラムというシステムがあり、口座に1件振り込まれる度に20円〜30円のお金がもらえると、普通の銀行では有り得ないようなサービスと特典が充実しています。

もちろん口座維持手数料もタダなので、持っておいて損はないどころか得がとても多いです。

現在280万人以上が利用している楽天銀行の他にも、有名なジャパンネット銀行も持っておくととても便利でしょう。

楽天銀行とジャパンネット銀行の振込手数比較表

楽天銀行とジャパンネットの振込手数料を比較表にしてみました。

楽天銀行

楽天銀行同士の振込 無料
他の銀行口座への振込 160円
本人名義の他銀行への振込 160円
ゆうちょ銀行本人名義口座への振込 100円

ジャパンネット銀行

他のジャパンネット銀行への振込(3万円未満) 52円
他のジャパンネット銀行への振込(3万円以上) 52円
他の銀行への振込(3万円未満) 168円
他の銀行への振込(3万円以上) 262円
ゆうちょ銀行への振込 294円

ちなみに振込手数料の節約で有名な新生銀行も少しずつ変わったようで、現在は新生銀行同士が無料、他行も月1回は無料。

しかし、郵貯への振込は400円と高いようです。

他にもネットバンクで節約する方法はネット銀行の節約裏技集でも紹介していますので、ネットバンクの手数料を節約したい方はぜひご覧くださいませ。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.