暖房器具の電気代コストを比較 - 暖房費・光熱費を安くしよう!

更新日:

今回はネットで稼ぐ方法から趣旨を変えて、節約編として暖房器具のランニングコストを比較します。

灯油代、電気代、ガス代などの高い暖房費は、冬場の家計を圧迫する大きな理由になります。

この暖房費を節約するためには自分に合った暖房器具を選び、一番ランニングコストの安い暖房で冬を乗り切ることが大切です。

今回は様々な暖房器具を比較してみましたので、以下から自分に最適な暖房器具を選んでいきましょう!

2018年のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開【月220万前後】

状況に合った暖房器具を選ぼう!

暖房器具を比較する際に一番大事なのが状況に合った暖房器具を選ぶことです。

一人暮らしなのにエアコンを使って部屋を暖めたり、家族暮らしなのに電気ストーブのみで乗り切るなど、費用と効果が合わない使い方をしている方も多いです。

家族で住んでいるのならば部屋全体を暖めるエアコンや、ガスファンヒーター・石油ファンヒーター・ホットカーペットなどがおすすめです。

一人暮らしならば電気ストーブはもちろん、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターなどの輻射熱で暖める暖房器具を使うことをおすすめします。

遠赤外線を使った暖房なので体をポカポカ暖かくしてくれます。

暖房器具のランニングコスト・光熱費を比較!

エアコン

最新のエアコンの場合はかなり省エネになっているため、比較的他の暖房器具よりも安い電気代で利用することが出来ます。

部屋全体を暖めるので家族で使用する場合に向いていますが、長時間つけると空気が乾燥しやすいのが難点です。

石油ファンヒーター

暖房効果がとても高く、すぐに暖かくなる暖房器具。

給油する手間や匂いを消すための換気が面倒なのが短所ですが、灯油が安い時には安いランニグコストで使うことが出来ます。

灯油代が高騰している時はエアコンの方が安く利用できます。

ガスファンヒーター

石油ファンヒーターと同じように暖房効果が高く、石油と比べると大分少ないですが少し匂いのある暖房器具です。

ガス栓がないといけない、換気の手間があるのがデメリットです。

燃費の面では石油の方が安く済みますが給油の手間がないのが長所。

電気ストーブ

軽くて価格も安いスポット暖房器具です。

とても使いやすいのですが消費電力が高めなのが悪い部分。

1人だけを集中して暖められるので、1人部屋でエアコンを使うよりは大分お得に使えます。

オイルヒーター

電気代は高いものの、安全で暖かい暖房器具です。

暖まるまで多少時間がかかるため、すぐに使いたい時は、ハロゲンヒーターやカーボンヒーターの方がいいでしょう。

ハロゲンヒーター

輻射熱で暖める器具でこちらも電気代が高くかかります。

遠赤外線効果で長い間体を暖めてくれる電気暖房です。

カーボンヒーターの方が電気料金が安いので、当サイトではカーボンヒーターを勧めています。

セラミックヒーター

やはり灯油系暖房よりも光熱費が高いのが難点ですが、他のヒーターと違い多くの機能をもった暖房器具が多いです。

中には空気清浄機能、加湿機能などの多機能ヒーターも有り。

カーボンヒーター

他の電気暖房と比べると電気代の安い暖房器具。

消費電力が低くても遠赤外線効果で暖かく、お勧めの暖房器具の一つ。

急に暖める強力な暖房器具ではありませんが、じわじわと体を暖めてくれる価格も安いヒーターです。

ホットカーペット

遠赤外線ではないため、自分の体をくっつけていないと、なかなか暖まらず、また部屋もかなり暖まりづらいです。

消費電力も意外と高く、大きなサイズだと電気代がかなりかかります。

しかし、自分が座る部分など小さいサイズならば部屋用に向いています。

床暖房

遠赤外線で部屋を暖める暖房器具です。

コストは高いもののとても暖かく利用効果も高いです。

電気代はかかりますが上に座っているととても暖かく、また放っておいても部屋を暖かくしてくれるのがメリットです。

こたつ

消費電力の安い昔ながらの電気暖房。

最近では匂いもしない脱臭機能付きのものも多いです。

とても安い電気代で利用できるので、部屋の真ん中に置いておけば冬は快適でしょう。

ホットカーペットは半面を使おう

電気カーペットには全面を暖める全面モードと左半面だけ、または右半面だけを暖める半面モードがあります。

(片方ずつ交互に暖める省エネ運転モードが付いているものもあります)

半面モードの方は使う電気代も半額で済むため、よく使う面にだけ暖房を効かせて効率的に電気代を節約しましょう。

ホットカーペットの下に断熱シートを使う

ホットカーペットは暖まると上部分と下部分に熱が放出されます。

特にホットカーペットの下がフローリング床の場合は
せっかくの熱が床に吸収され、熱効率が悪くなってしまいます。

その為、ホットカーペットと床との間に断熱シートを置くことで、熱をほとんど逃がさずに効率的な暖房をすることが出来ます。

畳や絨毯の場合はすでに断熱シートのような役割があるため、下がフローリングの床の時だけに活用するといいでしょう。

また、ホームセンターなどで断熱シートを買わなくても、ホットカーペットの下に絨毯掛け布団を挟むことでも代用できます。

コタツとホットカーペットを併用しよう

コタツは畳などの保温性に優れた床の上ならば、少ない電気代で長く暖房効果を保つ事が出来ます。

ホットカーペットの上ならばコタツをつけずとも、ホットカーペットの熱をどんどん保ってくれるため、電気代を全くかけずにコタツを利用する事が出来ます。

部屋でホットカーペットを使ってる場合は、コタツと併用して効果的な節約をしていきましょう。

寒さを改善!暖房費用を安くする方法

とにかく厚着で暖房代を節約しよう!

エアコンやストーブを使いすぎるのは節約的ではありません。

暖房をして服一枚で過ごすのならば、暖房をやめて服を2枚3枚着てみましょう。

また、寝る時は首から体温が出て行く為、マフラーやスカーフなどの布を一枚まくだけで、服一枚分の暖かさ=体感温度を2度も上げることが出来ます!

また、パジャマの上にジャージ、ズボン、靴下も履けば暖房を付けなくても体を暖めることが出来ます。

しかし、暖房なしだと頭や髪が冷えてしまうので、暖房を全く使わないのなら帽子もあるといいでしょう。

また、お腹が冷えやすい人は腹巻きなど、灯油代、ガス代、電気代などの節約の為にも、ももひき、ババシャツ、なんでも履きましょう!

寝る時は湯たんぽを入れておこう!

寝る時に布団がひやっとするのならば、湯たんぽを寝る前に布団に入れておきましょう!

布団に入った時にとても暖かくてすぐ寝る事が出来ます。

今はとても安い湯たんぽもあるので、家にひとつ置いておくと快適ですよ。

暑さを改善!冷房費用を安くする方法

まずは定番の扇風機を使おう!

窓を開けて、扇風機を使うことで安い電気代で過ごすことができます。

夜はタイマーをかけて1時間だけ使うことで寝付きをよくする方法もあります。

ただ、タイマーを使わずに扇風機をずっと体を当てたことで夏に凍死してしまった人もいるので気をつけましょう。

通気性抜群の竹シーツを使おう!

布団に寝ていると背中が暑くなり、寝苦しく感じる人も多いと思います。

そんな時は布団の上に竹シーツを敷いてみましょう。

ひんやり冷たくて通気性も抜群なので、夏の不眠症には効果バッチリです。

また、いぐさも夏には向いているので、100円ショップのゴザを活用するのも効果的ですね。

ニトリのNクールの代用品としても使えます。

氷枕、アイスノンを使おう!

よく不眠症改善の為に首の後ろを冷やすと良いと聞きますが、氷枕ならタダで利用できるのでとても節約的です。

暑くて寝れない人はアイスノンをタオルで巻いて、首の下にしばらく入れてみるのもいいかも。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.