子供にかかるお金を節約する9の方法 - 子供服代・子育ての費用の節約術

子供にかかるお金は衣食住を抜かし、教育費だけでも1000万円程度かかるそうです。

全て公立の学校ならば500万円程度ですが、多くの場合は1000万円は必要になってしまいます。

この大きなお金を貯めるには生まれてから少しずつ貯金をしていかなければいけません。

また、その他にも様々なお金がかかってくるので、小さい時から節約をして将来のお金を貯めていきましょう!

子供にかかるお金を節約する9つの方法

1)試供品、サンプル品をもらう方法

紙おむつや粉ミルクは試供品が結構あるため、店員の方に言えば試供品をもらえることがあります。

ちなみに粉ミルクや紙おむつのサンプルをもらっている人は、メーカーのお客様相談室に電話してもらっている人も多いそうです。

2)子ども服を安く買う方法

子供服は普通のお店で買うよりも、フリーマーケットやリサイクルショップを利用したり、オークションの子供服コーナーを利用した方が安上がりです。

どこも子供が成長すると子供服を処分しなくてはいけません。

知り合いからもらえる場合はラッキーですが、オークション等でもまとめて売っているので活用すると良いでしょう。

(少し大きめのサイズを買っておくのも節約的ですね)

3)靴下は同じものを買う

子供は靴下に穴を開けやすいため、靴下は安い時に同じものをたくさん買っておきましょう。

これならば穴の大きく開いた靴下だけ捨てて、片方を新しくすれば無駄なく靴下を使う事が出来ます。

4)おもちゃはなるべく買わない

おもちゃを欲しがった分だけ買うのは経済的にも教育的にもよくありません。

ペットボトルでボーリングを作ったり、ダンボールとガムテープで家を作るなど、小さい時は何でも遊んでくれるので工夫して作ってみましょう。

5)塾と習い事は本人に決めさせる

塾や習い事は本人が乗り気じゃないと効果はあまり出ません。

勉強に力を入れないのならばなるべく塾は入れずに、習い事は本人がやりたい時にだけさせましょう。

6)物を大事に使う

学年が変わる時などにランドセルや学習机、小さいものでは文房具等を全て新しくすると、意外と毎年お金がかかってしまいます。

道具を使えなくなるまで大事に使うことで、ある程度のお金を節約する事ができるでしょう。

7)服をリサイクルする

ズボンが破れたら縫って修復したり、あまりにひどい場合は半ズボンに改造しちゃいましょう。

シャツがよれすぎたらパジャマにしたり、服も最後まで着れば衣服代を浮かすことができます。

8)紙をリサイクルする

包装紙を四角に切れば折り紙が作れます。キレイな包装紙ならばとても綺麗な折り紙が作れます。

また、コピー用紙の裏やチラシの裏を使えば、メモ帳やお絵描き帳を作ることも出来ます。

紙をリサイクルして節約してみましょう。

9)絵本や本は図書館で借りる

子供の為に絵本をたくさん買ってしまう人は、図書館で絵本をたくさん借りてしまいましょう。

借りた中で反応がとても良いものだけ買えばOKですし、たくさん借りれば好みが分かりやすくなるかと思います。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.