病院代、医療費を安くする7つの方法

投稿日:

今回は病院代、医療費を節約する方法を紹介します。

病院はお医者さんの言うままの治療を受けてしまいがちですが
自分がしっかりと意識を持って治療を選ばなければ行けません。

以下で医療費を安くする方法を紹介していますので
少しでも医療費を節約する為にもぜひご覧くださいませ。

病院でかかるお金を安くする方法

・ジェネリック医薬品を使おう!

皆さんはジェネリック医薬品というものをご存知でしょうか?

ジェネリック医薬品とは通常の薬と同じ成分なのに
半額ほどの低価格で買う事が出来る後発薬のことです。

開発された薬の特許期間が切れてしまった場合、
同じ成分の薬を他の会社が作れるようになります。

すると同じ成分・同じ効果でありながら
通常よりも低価格で提供できるようになるのです。

安いから効果が低いように感じてしまいますが
全く同じ成分なので効果が変わることはありません。

最近出来た薬だと特許があるために作れませんが、
もしジェネリック医薬品があるなら絶対に選んだ方がお得でしょう。

・保健所で健康診断をしよう!

個人で健康診断をしようとすると
通常の病院だと数万円かかってしまいます。

しかし保健所ならば無料で出来ることも多く、
定期的に様々な検診や検査をやっている所があります。

一度近くの保健所のホームページを確認して、
無料健康診断をやっている時はぜひ利用しましょう。

・もらった薬の説明書やお薬手帳はお金がかかる!

病院でもらう薬の写真が印刷された説明書
オプションのお薬手帳には利用料金がかかってしまいます。

説明書は平均30円ほどの料金がかかりますが、
薬の袋に必要事項が書かれているので必要ないかもしれません。

小額ですが少しでも病院代を節約したい方は
説明書はなしでお願いしてみましょう。

・安い調剤薬局と高い調剤薬局

調剤薬局は病院内と隣でもらう場合がありますが、
お薬をもらう調剤薬局は実はどこへ行っても構いません。

ちなみに調剤薬局では薬代と手数料がかかりますが、
この手数料小さい病院の隣にある薬局ほど高く、
大きい病院にある薬局やお客さんの多い薬局ほど安く
なります。

これは薬局同士で公平に利益が上がるよう、
お客さんの少ない薬局では手数料を高くして
お客さんの多い薬局では手数料を安くしているからです。

つまり、出来るなら小さい病院で処方箋を出されたら
大きな病院の薬局で薬をもらった方が節約出来るわけです。

なんとなく他の病院の処方箋のように感じますが、
特に問題はないので手数料を節約したい方は活用してみましょう。

・総合病院の初診時には診療情報提供書(紹介状)を使おう

大きな総合病院では救急車で運ばれたりしない限り
初診時に初診外来患者特別医療費がかかる事が多いです。

この初診外来患者特別医療費を無料にするには
近くの病院で紹介状(診療情報提供書)を書いてもらうことです。

これならば手数料なしで治療が受けられるため、
病院代・治療費を少し節約することができます。

・払った医療費を還付、取り戻す方法

年間の医療費が家族で10万円を超えてしまった場合、
確定申告の際にレシートがあればお金が戻って来ます。

所得が少ない場合は10万円に届かなくても
かかった医療費を少し戻すこともできます。

また、入院や手術などで大きなお金がかかった時も
その入院代、病院代を取り戻すことが可能です。

・健康を心がけて無駄な医療費を節約しよう

普段の生活で健康を心がけるだけでも
多くの病気を予防することができます。

風邪やウィルス予防の為に手洗いやうがいを心がけたり、
野菜不足にならない食生活十分な睡眠もとても大事です。

虫歯や歯茎の病気にならない為には
毎日の十分な歯磨き歯間ブラシも必要です。

病気になってしまうとお金がとてもかかってしまいます。

普段から規則正しい生活を心がけて
健康で節約的な体を作っていきましょう。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.