家事の効率的な時間の使い方 - 8つの時間短縮術と節約術

更新日:

今回はお金の節約術から少し趣向を変えて、時間を節約する方法を特集してみました。

時間自体を増やす事はできなくとも、時間の使い方は簡単に変えることができます。

効率的な生活で毎日1時間を節約できれば、年間で15日以上もの時間を節約できることになります。

時間を増やす為にも時間の節約術を使って、家事や仕事に使う時間をどんどん節約していきましょう。

家事の時間を短縮させる8つの節約術

1)今日やる事をリスト化する。

今日は何時に何をするかなどを1枚の紙にまとめておきましょう。

こうするだけで次に何をするか迷ったり、忘れることもなく効率的な時間の使い方が出来ます。

家事や仕事も優先順位を決めてこなしたり、時系列ごとに仕事を進めやすくできるのもメリットです。

2)一週間のやる事を手帳やホワイトボードに書いておく。

次は一日ではなく一週間の予定を書いてみましょう。

ホワイトボードに月〜日まで書いておき、ゴミを出す日や買っている雑誌の発売日、買わなければいけないものなど、情報整理にとても役立ちます。

手帳などに書けばいつでも見る事が出来ますし、気付いた時に記入も出来るのでとても便利ですね。

3)面倒なことを一気に片付ける。

面倒な事は先延ばしにしがちですが、意外とやってみるとスイスイ進むものです。

モチベーションが上がらないと思った時も、始めてみれば思ったほど苦痛ではありません。

面倒な事は一気に片付けて予定を終わらせてしまいましょう。

4)無駄なものを見ない、やらない。

そこまで見たくないテレビや映画、何度も確認しなくてもいいホームページなど無駄なものを見ている時間は意外と多いものです。

本当に見たいテレビや映画以外は見ないことでも、毎日の時間をかなり多くすることができます。

5)集中出来る朝や昼前にやる。

仕事は朝と夜なら朝にした方が効果が高いそうです。

いつもより一時間早起きすることで、いつもの仕事がよりはかどるようになります。

早く起きると健康にもいいですし、なにより気持ちがいいのでぜひ早起きしましょう。

6)面倒なものや不必要なものは断る。

面倒だけど断れないからやるしかない。電話を切りたいけどダラダラしてしまう。

このように人のペースに合わせていると、自分の時間が持てなくなってしまいます。

やらなくてもいい事は思い切って断りましょう。

これだけでも不必要な時間を使わなくて済むようになります。

7)いつでも出来ることを用意する。

待ち時間などに出来ることを用意しておくと、無駄な時間を有効活用することができます。

手帳を持ち歩いて暇な時に明日やる事を整理するなど、外でも出来る作業をいくつかまとめておきましょう。

8)無駄な睡眠時間をとらない。

理想的な睡眠時間である7〜8時間睡眠ならばOKですが、それ以上の睡眠を取っている場合は無駄な時間になってしまいます。

短時間睡眠に慣れていくと睡眠の質が上がるため、6時間睡眠でも実質取れる疲れは変わらなくなります。

本当に時間を効率的に使いたい人は6時間睡眠を。通常の時間にしたい人は7時間睡眠を心がけましょう。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.