会社で副業が禁止の理由とは?それでもバレずに副業をやる方法

投稿日:

副業OKの会社も増えてはきていますが、まだまだ副業禁止のところも多いですよね。

今回は「なぜ副業が禁止されてるのか」「それでもバレずに副業する方法はないか」についてまとめましたー!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開【月600万前後】
おすすめのネット副業30選まとめ - 人気の在宅副業ランキング【2019年版】

なぜほとんどの会社で副業が禁止されているのか

多くの会社で副業を禁止しているのは以下の理由から。

・副業で大きく稼げると会社を辞めることにつながる

・休日に身体を休められず、本業に影響が出る

・社会的によくない副業の場合、会社のイメージが落ちる可能性がある

雇用する側にとっては副業禁止にすることでメリットが大きいため、多くの会社では基本的に禁止になっているんですね。

就業規則で規定されていれば副業はダメ!

国も副業を推奨することを発表しましたが、それでも会社の規則で禁止している場合も多いです。

企業は厚生労働省の労働基準法89条により「就業規則を作ること」を義務付けられています。

一般的な企業は「禁止」「条件付きで許可」「許可」の3種類に分かれていて、もし禁止されている場合は解雇は免れません。

ただ、隠れて副業する方法も実はいくつかありますよー!

ばれないためには住民税を自分で納付すること

副業をしているかどうかは基本的に「住民税」でバレてしまいます。

というのも会社員は住民税を天引きされるようになっていて、副業の収入を確定申告すると、他の同僚よりも住民税の額が高くなってバレてしまうんですね。

そのため、確定申告する際は、住民税の支払いを「特別徴収」ではなく「普通徴収」にチェックしましょう。

そうすれば申告分の住民税は自宅へ納付書が届くので、自分で住民税を支払いに行きます。

ただし普通徴収を選択しても、アルバイトなどの給与収入系の副業や、副業で赤字が出た場合などは、特別徴収となってしまう場合があります。

また知り合いや同僚などから副業がバレる場合もあるので注意!

詳しくはこちらでもまとめています。

会社に副業がバレない"確定申告のやり方"をまとめてみた【サラリーマンの税金対策】

続きを見る

ネット副業は「クラウドソーシング」で捜そう!

今なら副業を捜すときはクラウドソーシングが一番おすすめですね。

ちなみにクラウドソーシングとは、ネット上で仕事を外注・受注できるサービスのことです。

ブログライター・データ入力・プログラミングなど100種類以上の仕事が募集されているので、とりあえずここで捜せばあらゆる案件が揃っていますよー。

始めてすぐは高単価案件がなかなか受けられませんが、評価を増やして実績を積んでいくと報酬も高くなっていきますね。

日本最大のクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスが一番おすすめですよー!

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ネット副業100選

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.