動画編集って副業としてどうなの?稼ぎ方や平均収入をまとめてみた!

YouTubeで稼ぐ人がどんどん増えていくなかで、動画編集を専門として稼ぐ人も増えていますね。

ここでは、動画編集は実際にどんな仕事をするのか?・編集の平均収入はどれくらい?・動画編集での稼ぎ方についてまとめてみました!

動画編集を副業にしてみたい方は、ぜひ!

こちらもCHECK

【月700万】アフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開してみた。

続きを見る

おすすめの在宅副業51選!お金を稼ぐ方法をランキングしてみた【2020年版】

続きを見る

動画編集ってどんな副業?

そもそも動画編集とはどういう副業なのでしょうか?

すぐに思いつくのは、「YouTuberの動画を編集する仕事」ですね。

でも動画編集の仕事は、YouTube以外にもたくさんあります

例えば、結婚式で使う新郎新婦のムービー作成企業のCM動画作成商品の説明動画の作成イベントのPR動画作成アーティストのMVなど、さまざまなところで動画編集の需要があるんです!

もちろん、大手企業が作る動画は専門の業者が担当することが多いですが、小規模の個人事業やインディーズのアーティストのMVなどは個人の動画編集者が担当することも多いです!

実は身近なところで需要が高まってきている副業なんですね。

副業動画編集者の平均収入ってどのくらい?

では副業で動画編集をする場合、平均的な収入はどのくらいでしょうか?

クオリティにもよりますが、一般的な報酬の相場は動画1本あたり5,000円です。

10〜20分の動画はこのくらいの金額になることが多いですね。

もちろん、編集する動画の時間が長くなったり、より高いスキルが求められたりすると、もっと単価は上がります。

副業で動画編集をする人だと、月収はおよそ3〜10万円あたりが多いですね。

つまり1ヶ月あたり6〜20本ほどの動画を編集する計算です。

仕事終わりに毎日1本ずつ動画編集の仕事すると、およそ10万円の収入になるので、副業としては悪くないのではないでしょうか。

動画編集で稼ぐにはどうすればいい?

それでは実際に動画編集で稼ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

仕事を見つけて稼いでいくために必要な4つのことを解説します!

  • 実績を作る
  • ポートフォリオを作る
  • 得意な分野で営業する
  • SNSを併用する

実績を作る

動画編集で仕事を獲得する前に、まずは実績を作ることが必要です。

もしあなたが動画編集の仕事を発注する側だとしたら、これまでどんな作品を作ってきたのかわかる人にお願いしたいですね。

逆に実績がまったくない人には、不安で仕事を任せられないでしょう。

そこでまずは実績を作ることが必要です。

と言っても、動画編集の仕事経験がなくても問題ありません!

自分で編集したオリジナルの動画を実績として提示すれば大丈夫です!

重要なのは、あなたが「どんなスキルを持っているのか」を伝えることです!

ポートフォリオを作る

実績はひとつだけでも構いませんが、複数あるとなお良いです!

それは、自分のスキルをタイプ別に紹介できるからですね。

例えば、数十秒の短い動画編集のスキルと、30分の長い動画編集のスキルを同時に示すことはできません。

しかし短い動画と長い動画を1本ずつ実績として示せば、相手には十分伝わりますよね。

そこで、自分の持っているスキルを示すためのポートフォリオを作ることがおすすめです!

ポートフォリオとしては、無料で動画をアップロードできるYouTubeを使うと良いです!

得意な分野で営業する

ポートフォリオができたら、それを武器に営業をしましょう!

動画編集者を募集している人に向けて、自分のポートフォリオとスキルを提示して仕事を獲得するのです。

このときに重要なのは、自分の得意な分野で営業することですね。

例えば、30分の長尺動画の編集が得意な人が、15秒のCMの動画編集者の募集にチャレンジしても、仕事を得る可能性は低いですね。

それよりも、30分の長尺動画の編集者を募集している仕事にチャレンジした方が良いです!

ほかにも、おしゃれな雰囲気の動画編集が得意とか、面白いエンタメ動画の編集が得意といった自分の強みとマッチする分野で営業しましょう!

クラウドソーシングを使う

仕事を探すには、まずはクラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい人と受注したい人を結びつけるマッチングサービスですね。

初心者におすすめのクラウドソーシングは、クラウドワークスとランサーズです。

どちらも同じくらいの仕事量があるので、どちらか使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

クラウドソーシングには、初心者OKの仕事もたくさんあるので、実績作りにももってこいです!

SNSでDMする

少しハードルが高いですが、動画編集者を募集していそうなYouTuberや企業にダイレクトメールで営業するのも良いですね。

しっかりと実績と強みをアピールし、相手にとってのメリットを提示できれば、仕事を獲得できる可能性は上がります。

ただし、そもそも動画編集者を求めていないこともあるので、ある程度実力がないと難しい営業方法です。

SNSを併用する

SNSを併用することでも、より動画編集の仕事を獲得しやすくなります!

自分が編集したオリジナル動画や、動画編集のノウハウなどをSNSで発信すれば、動画編集者を探している方から仕事の依頼をもらえる可能性があります。

SNSを併用する場合は、Twitter・Instagram・TikTokを使うと良いでしょう。

SNSを仕事の窓口のひとつにするということですね。

動画編集に必要なものは?

動画編集を始めるのにどんなものが必要なのでしょうか?

必要なのは、PCもしくはスマホと動画編集ソフトです!

PC or スマホ

動画編集をするには、PCかスマホが必須です。

今のスマホなら、かなりレベルの高い動画編集ができるので、正直スマホだけでも十分副業できます

実際にスマホだけで動画編集の副業をしている方や、動画編集だけで生活している方もいます。

しかし、もちろんPCがある方が動画編集の仕事をしやすいです。

より高度な処理や編集をするには、PC並みのスペックが求められることもあります。

PCを持っていなければ、まずはスマホだけでやってみて、稼げるようになったらPCを購入し、よりスキルを上げていくのがおすすめですね。

動画編集ソフト

PCでもスマホでも、動画編集ソフトが必要です。

スマホの場合は動画編集アプリですね。

デフォルトの動画編集機能だと、安っぽい動画にしかならなかったり、使える機能が少なかったりするので、動画編集ソフトを導入する方が良いでしょう。

おすすめの動画編集ソフトは?

おすすめの動画編集ソフトは、Adobe Premiere・Final Cut Proのどちらかです!

どちらも有料ソフトですが、本格的な動画編集ができるので、導入して損はありません。

無料の編集ソフトだと、使える機能が圧倒的に少ないので、慣れてきたら有料の動画編集ソフトを導入しましょう!

実際にどんな仕事をするの?

それでは実際に動画編集という副業ではどんな仕事をするのでしょうか?

ここでは動画編集の仕事のステップを順番に紹介します!

  1. 案件を獲得する
  2. 動画編集をする
  3. 動画を納品する
  4. 修正やりとりをして完成

案件を獲得する

まずは動画編集の案件を獲得します。

これは先ほど説明したように、営業をしたり、クラウドソーシングで仕事を探したりすればOKです!

案件を獲得しないと仕事ができないので、ここが最初の壁になります!

動画編集をする

案件を獲得したら、実際に動画編集をしていきます!

具体的には以下の4つのステップに分けられます。

  • 素材のアップロード
  • カット編集
  • 装飾
  • 書き出し

素材のアップロード

素材のアップロードとは、動画編集に使う動画・音楽・声などを編集ソフトにアップロードする作業です。

動画編集はすべて編集ソフト上で行うので、この編集ソフトに素材をアップロードしないと使えないんですね。

できれば必要な素材はすべて最初にアップロードしておくのがおすすめです!

必要になったときにアップロードするのだと、アップロード自体に時間がかかり、毎回作業が中断されてしまいます。

一度にアップロードすれば、待ち時間に別の作業ができるので効率よくなります!

カット編集

カット編集とは、アップロードした素材を切り貼りしてつなぎ合わせることです。

トークが滞っている部分をカットしたり、動画の順番を入れ替えていきます。

カット編集をするだけでも、かなりそれっぽい動画になりますし、完成動画のベースになる作業なので、しっかりやっていきましょう。

カット編集をする前には、最初に大まかな動画のイメージを決めておくと効率的です。

つまり映画の絵コンテみたいなものを作るということですね。

装飾

装飾は、カット編集した動画にテロップをつけたり、音楽をつけたり、エフェクトをかけたりする作業です。

一般的にイメージされる動画編集はこの作業かもしれませんね。

装飾の作業が一番時間がかかり、動画編集者によってクオリティが大きく分かれるポイントなので、さまざまなスキルを身につけて、より伝わる動画を作れるようになりましょう!

書き出し

書き出しとは、完成した動画を動画ファイルに起こす作業です。

難しい作業は必要なく、ただファイルに起こせばOKです!

ただし書き出しした動画ファイルは再編集ができないので、十分なクオリティになるまでは編集を続けましょう!

動画を納品する

動画ファイルが完成したら、発注者に動画を納品します!

納品するときは、ファイルを圧縮したり、大規模なデータも転送できるギガファイル便などを利用すると良いでしょう。

またYouTubeアカウントに直接アップロードする場合もあります。

修正やりとりをして完成

とはいえ、動画を納品してもそこで終わりではありません。

完成した動画のクオリティが不十分であれば、修正依頼が来ることになります。

その場合は改善点を修正して、再納品しなければなりません。

動画編集で効率よく稼ぐには、修正をいかに減らせるかがポイントです。

発注者や視聴者のニーズをしっかりリサーチして、それに見合った動画を編集すると、修正を減らせます!

副業で動画編集を成功させるコツ

ここからは動画編集の副業を成功させる4つのコツを紹介します!

  • スキマ時間を活用する
  • 仕事に優先順位をつける
  • 一部の作業を外注する
  • ディレクターになる

スキマ時間を活用する

最も重要なのは、スキマ時間を活用することです!

副業で動画編集を始めたいと思っていても、本業も同じくらい大事です。

また仕事だけでなく、毎日の家事や趣味の時間も必要ですね。

すべてを同時にこなすのは大変ですが、スキマ時間を活用すれば大丈夫です!

例えば、電車の移動時間・朝の時間・昼休みの時間など、かき集めればたくさんのスキマ時間があるはずです!

特に動画編集スキルを勉強したり、発注者とやりとりする作業は、スキマ時間でも問題なくできることなので、こうした簡単な作業をするのがおすすめですね。

仕事に優先順位をつける

より効率よく稼ぐには、仕事に優先順位をつけることもポイントです。

例えば、1本5,000円の仕事と、1本10,000円の仕事だったら、10,000円の仕事を多くやる方が効率よく稼げますよね。

副業で動画編集の仕事をしていると、今抱えている仕事すべてが同じ単価であることはほぼありません。

効率よく稼ぐには、なるべく単価の高い仕事に優先して取り組むことがポイントです!

一部の作業を外注する

動画編集の仕事に慣れてきたら、一部の作業を外注するのもコツです。

例えば、サムネイルの作成だけ外注する人が多いですね。

ほかにもカット編集だけ外注したり、装飾だけ外注したりしても良いです。

外注するときは、自分が苦手な作業を外注するようにしましょう!

そうすれば、自分が得意な編集作業に集中することができます!

ただし、外注費用が報酬よりも高くならないようにすることが重要です。

ディレクターになる

ディレクターとは、つまり発注側に回ることを指します。

動画編集にかなり慣れてきたら、今度は自分が動画クリエイターになり、動画編集を外注する側に回るということですね。

一番は動画編集のスキルや、これまで身につけた専門スキルをYouTuberとして動画投稿するのが良いでしょう。

仕事を受注する側から発注する側になると、稼げる金額が大きく増えるので、より効率よく稼げるようになります!

動画編集の副業はどんどん需要が高まっている

動画編集の副業は、今どんどん需要が高まっています。

時代の流れに乗ることも、効率よく稼ぐためには必要なスキルです。

今から動画編集のスキルを身につければ、動画市場が育ってきたときにかなり稼げるようになります!

動画編集の副業を始めて、収入アップを目指しましょう!

よくあるQ&A

最後に、動画編集の副業に関してよくあるQ&Aに答えてみました!

  • オンラインスクールには通うべき?
  • ほかの副業と比べてどう?

オンラインスクールには通うべき?

現在は、動画編集で稼ぐためのスキルを教えてくれるオンラインスクールがたくさんあります。

結論から言うと、オンラインスクールには通わなくても大丈夫です。

ただし、オンラインスクールに通った人が稼げるようになりやすいのも事実です。

オンラインスクールに通わなくても、今はネット上で動画編集のスキルをタダで学ぶことができます。

もちろん、仕事の獲得もできるようになります。

しかしオンラインスクールに通えば、今自分が学ぶべきことを提示してもらえるので、楽に学べるのも事実です。

自分ひとりで勉強するのは難しいと言う方は、オンラインスクールに通う方が良いかもしれません。

とはいえオンラインスクールの受講料はかなり高いので、価格に見合ったリターンがあると思う方だけ通うので十分です。

ほかの副業と比べてどう?

動画編集の仕事は、ほかの副業と比べてどうなのでしょうか?

稼ぎやすいのでしょうか?

結論から言うと、専門スキルが必要な仕事のなかでは、ほかの副業と同じくらい稼げる仕事です!

例えば、Webライター・Webデザイナー・プログラマーも、動画編集と同じくらい専門スキルが必要で、同じくらい稼げて、同じくらい独立の可能性がある仕事です。

これらの副業のなかでどれを選ぶかは、どの仕事か好きかとか、どの仕事が苦なくできるかがポイントになりますね。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫好き。ポイントサイトとブログで累計5億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

2020年最新ポイントサイトランキング

【1位】モッピー

ポイントサイトのモッピー

会員数800万人の国内最大級のポイントサイトです。Amazonや楽天でのショッピングもお得になるなど、ポイ活には必須レベルでおすすめです。東証一部上場企業が運営しているため、安全性も最高レベルです。

【2位】ECナビ

ECナビ

レストランでの食事代が無料になる「覆面モニター」やゲームのインストールで稼げる「スマホアプリ案件」に強いポイントサイト。ECナビも東証一部上場企業が運営しているので、安全性はバッチリ。

【3位】げん玉

げん玉

私も10年近く、毎月50万円前後を稼いでいる大手ポイントサイトです。最大10万円分のポイントが当たる「モリガチャ」などが目玉のコーナーです。

-ネット副業100選

© 2020 副業クエスト100