クラウドワークスとランサーズはどっちが稼げるの?手数料や求人数を比較してみた。

更新日:

在宅で仕事がしたい人におすすめなのがクラウドソーシングサービス。

その中でも、超大手のクラウドソーシングサイトが「クラウドワークス」「ランサーズ」です。

今回は、クラウドワークスランサーズはどっちが稼げるのか手数料や求人数を比較してみました!

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

副業に使えるクラウドソーシングサービス9選 - 初心者におすすめのサイトを比較してみた。
クラウドワークスで副業をするのが最もおすすめな理由【評判と攻略法まとめ】

日本最大の「クラウドワークス」VS「ランサーズ」

日本最大級のクラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークスとランサーズ。

どちらも、PCやスマホ1つで仕事ができるので、子育てが忙しいママさんによく使われていますね。

まずは、この2社の概要について学んでみましょう!

日本最大で最もおすすめな「クラウドワークス」

クラウドワークスは、2012年からサービスを開始したクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスで仕事するときの主な形式がこちらの3つ。

・プロジェクト形式:1対1でやりとりしながら仕事をする
・コンペ形式:ロゴ制作など、複数の提案から採用された場合に報酬が受け取れる
・タスク形式:アンケートやデータ入力など、複数人に単純作業を一括して依頼する

一番ポピュラーなのは、個人依頼となるプロジェクト形式ですね。

現在会員数は200万人を超えていて、私もライターさんを募集したり、一番使っているクラウドソーシングサイトです!

また、株式会社クラウドワークスは、2014年に東証マザーズに上場した大手企業なので、安心感も強いですね。

クラウドワークスで副業をするのが最もおすすめな理由【評判と攻略法まとめ】

続きを見る

案件数200万件以上の「ランサーズ」

ランサーズは、国内初のクラウドソーシングとして歴史があるサイトです。

常時210万件以上掲載されているため、自分がやってみたい仕事はかなり見つかりやすいですね。

募集形式はクラウドワークスとほぼ一緒ですが、一部やり方が異なります。

・プロジェクト式:受注者側が内容・金額・納期を提案する
・求人募集形式:クライアント側が提示した案件に応募、面談して採用
・コンペ式:制作物を提出して採用されると報酬がもらえる
・タスク式:作業を提出して報酬を受け取れる

ランサーズのプロジェクト形式は、クライアントに仕事内容を提案して、成立すれば受注できるというもの。

クラウドワークスのプロジェクト形式は、ランサーズでいう「求人募集形式」と似たシステムとなっているので、慣れない間は苦労するかもしれません。

また、ランサーズ株式会社は2008年に設立・運営開始した会社で、最近はフリーランス向けのクラウドソーシングサービスも充実しています。

初心者がランサーズで副業するときに知っておきたい9つのポイント【評判・口コミまとめ】

続きを見る

どちらも手数料は一緒!

クラウドワークスランサーズも、登録や受注自体は無料ですが、報酬を受け取るときは必ず仲介手数料がかかります。

クラウドワークスとランサーズの仲介手数料は同じ金額です。

・10万円以下:契約金額の20%
・10万円~20万円以下:契約金額の10%
・20万円以上:契約金額の5%

クラウドワークスのタスク形式が手数料無料だった時期もありますが、2017年に一時休止されて以来復活していません。

そのため、現在は「こっちの方が手数料が高い!」という違いはないんですね。

クラウドワークスとランサーズの振込手数料

クラウドワークスとランサーズは、仲介手数料の他に振込手数料もかかります。

振込手数料は原則500円かかりますが、楽天銀行のみ100円です。

金額ごとにパーセンテージが変わることもないので、例え報酬金額が1000円だったとしても楽天銀行以外は500円取られてしまいます…。

そのため、クラウドソーシングを始める時は、楽天銀行の口座を作る人が多いですね。

クラウドワークスの方が求人数は多い

次に気になるのは、求人数の多さ。

いくら「たくさん仕事ありますよ~!」謳っていても、初心者ワーカーが受注できないような仕事ばかりだと意味がありません。

クラウドワークスとランサーズには「特定の受注者しか公開されない非公開案件」があります。

この非公開案件が多ければ多いほど、初心者ワーカーができる仕事は限られてしまいます。

その2点を踏まえて、クラウドワークスとランサーズの現時点での求人数はこちら!

・クラウドワークス:8,654件
・ランサーズ:2,622件

「ランサーズは常時210万件以上掲載されているんじゃなかったんかい!」とツッコミたくなる結果ですよね。

私が見たのは、現在「すべての仕事」から表示されている掲載数。

非公開案件を合わせるとどちらも10万近くありますが、一般公開されている求人数でいうとクラウドワークスの方が圧倒的に多いんですね。

比較してみるとクラウドワークスの方がおすすめ

今回は、手数料と求人数を重点的にクラウドワークスとランサーズを比較してみました。

私はクラウドワークスとランサーズどちらも利用していますが、初めてクラウドソーシングに挑戦する人はクラウドワークスをおすすめします!

おすすめする理由は以下の3つです。

・初心者でも簡単にできるタスク形式の求人数が多い
・契約から支払いまでが分かりやすくてスムーズ
・そもそも案件数がクラウドワークスの方が多い

個人的に、クラウドソーシングに慣れている人は、ランサーズも十分魅力的だと思っています。

しかし、特にやりたいことがなく、「とりあえずスキマ時間に稼ぎたい!」という人は、クラウドワークスの方が合っていますね。

クラウドワークスで始めて、もっと案件が欲しくなったら他のクラウドソーシングも併用するのがおすすめですよー!

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-クラウドソーシング

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.