貯金って毎月いくらすればいい?「給料の何割がベストか」調べてみた。

更新日:

今回は平均給与から考える「手取りの何割を貯金に回すのがベストなのか」を考えてみました!

「そろそろ貯金しないとな...」と考えている人は参考まで。

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

みんながやってる「貯金方法」と「貯金のコツ」まとめてみた。【目指せ1000万】
おすすめのネット副業35選まとめ - 人気の在宅副業ランキング【2019年版】

みんなは毎月いくら貯金してるの?

みなさんどのくらいの金額を毎月貯金しているのでしょうか?

平成29年度版の総務省の家計調査によると、1番貯金がしやすいのがやはり単身率の高い20代で、実家に同居している人では約40%、一人暮らしの人は約10〜20%の貯金をしています。

また、子育て世代の30代以降は子どもにかかる支出が増えることもあり、収入のうち約15〜25%となっています。

また、30代以降で子どものいない世帯では手取り収入のうち約20〜30%となっています。

まとめるとこんな感じですね。

20代(一人暮らし) 平均10〜20%

20代(実家住み) 平均40%

30代以降(子どもあり) 平均15〜25%

30代以降(子どもなし) 平均20〜30%

給料の何割がベストなのか

家族構成や年代によって違いはありますが、一般的な収入と家族構成から理想とする貯金額はおのずと決まってきます。

たとえば夫婦2人と小学生以下の子供がいる家庭では、平均世帯収入が25万円前後です。

この場合は貯金にまわせる金額は約10%程度なので2.5万円ほどがいいですね。

また、夫婦2人と中学生以上の子どもがいる家庭では、平均的な世帯収入は約30万円といわれており、貯金額は約8〜10%程度なので3万円弱になります。

さらに、夫婦2人で子どもがいない場合には、世帯収入が約30万円として貯金可能な金額は約20%前後なので6万円ほどになります。

上記のデータから貯金に回す金額を決めて、まずは3ヶ月から始めてみましょう!

みんな貯金いくらあるの?年齢別の「平均貯金額」まとめてみた【20代〜50代まで】

続きを見る

1)一年でどのくらい貯めるのか「目標額」を決める

貯金はただ闇雲に始めても挫折してしまい、明確な目標がないと長く続きません。

「1年間でいくら貯めて何に使うか」や「貯金で何をしたいか」を前もって決めておきましょう。

自分がわくわくする目標を立てることで、挫折しそうになった時に、自分に問いかける手段になります。

仮に100万円を1年間で貯めるとすると、単純に12ヶ月で割って1ヶ月約84,000円を貯金する必要があります。

またそれを約30日間で割ってみると、1日およそ2,800円づつ貯金していくことで100万円貯められる計算になります。

数字だけでも頭に入れておくと、お金を使うときに一旦考えられるようになりますよー!

目標を立てるコツ

目標も1つではなく、比較的早く叶いそうな小さな目標と、すぐには叶わなそうな大きな目標について2つ用意しておくのがおすすめです。

すぐに叶いそうな目標は、達成感と成功体験を得るためにとても効果的です。

モチベーションを保つには1年は長いため、月や週に細分化して小さな目標を達成しながら行うことで、より大きな夢や目標を叶えるための日々のやる気を保ちやすくなるでしょう。

2)手取りの何割を貯金するかを決める

家計簿などで自分の収入や支出がわかったら、手取り額の中から「いくら貯金へ回すのか」を考えましょう。

生活を圧迫しすぎるような高い金額だと辛くなりますが、必要最小限の生活費以外はできるだけ先に貯金へ回してしまうのがおすすめです。

どうしても欲しいものがあったら、貯金を崩してまで欲しいものなのかを考える時間をもつことができますし、引き出す行為自体が面倒になるのでおすすめ。

自分がどれだけあれば生活できるのかを割り出し、それ以外はなるべく貯金へまわすようにしましょう!

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.