bizseek(ビズシーク)の評判・評価まとめてみた。買い物代行ってどうなの?

更新日:

今回は買い物代行などの面白い案件が注目されているbizseekについてまとめてみました!

クラウドソーシングサービスとしてはクラウドワークスの方がおすすめですが、気になっていた人はぜひ。

おすすめのクラウドソーシングBEST8はこちら。

ビズシークは会員数がかなり少ないぞ!

ビズシークの会員数は現在約1,000人ほどで、株式会社アイランドという会社が運営しています。

小規模なので、案件数などではやはり大手のクラウドワークスやランサーズの方が強いですね。

会員数は少ないけどシステム手数料はかなり安い!

まだ会員数の少ない時に登録しておき、実績を積んでおくことも一つの方法といえるでしょう。

システム手数料も業界最安値となっているので、これから登録者が流れてくる可能性も考えられます。

クライアント側はシステム手数料が無料ですが、2013年のサービス開始からあまり伸びていないのを見ると、今後もあまり期待はできないかもしれませんね...

登録は基本的に実名制

実名制での登録なので、本人確認ができているということでクライアント側にとってもワーカー側にとっても非常に安心感があるのが特徴です。

サイトのキャッチフレーズでも『信頼できるクラウドソーシングサービスサイト』を目標にしています。

実名制といっても表示名は自分で決めることができますので、本名を公開する必要はありません。

これについては、いわゆる『ワーカーの本人確認がしっかり取れている』というクライアント側へのアピールですね。

ちなみに登録可能な年齢は18歳以上で、未成年の場合には保護者の同意が必要となります。

ビズシークのデメリット

ネット上でとくにいわれているのがビズシークの案件数の少なさです。

せっかく仕事がしたくても案件が無ければできませんよね。

ちなみにライティングなどの案件は少なく、どちらかというとお買い物代行の仕事の方が多いようです。

ちょっと怪しいサービス「買い物代行」って?

買い物代行とは

買い物代行は、たとえば『ネットショッピングなどで、おもに1人1回限りで割引になる商品などを何種類か購入し、すべて届いたら商品を一つの箱にまとめ、中に入っている振込票も同封してクライアントの住所へ送る』というものです。

なるべく評価の高いクライアントの仕事を受けること

クライアントの住所はもちろん分かりますが、こちらの住所は記載しなくても良いパターンが多いです。

仕組みを聞くまでは最初はちょっと心配ですが、よく出来たサービスだなという印象です。

クライアントによっても多少方法が変わってきますが、もし心配な場合は最初に手順などをよく確認しておくことをおすすめします。

質問をした時点で誠実な対応をしてくれないクライアントは、どんなに報酬が高くてもやめておいた方が無難といえるでしょう。

また実績やプロフィールなどをよく確認して、出来るだけ多くの方がお仕事しているクライアントと契約を結ぶことをおすすめします。

仮払い制度で安心

クライアントは、注文する商品と数量を依頼してきますが、その際にかかる金額はもちろん把握しています。

ビズシークは仮払い制度がありますので、送ったものの報酬が支払われないということはないので安心して大丈夫だといえます。

意外と人気の高い案件

また、クライアントも本人確認をしていますので、その辺りもしっかりとはしているなと感じました。

さらに、案件募集ページを見ると、その時点ではすでに『お買い物代行』案件の枠は全て埋まっていました。

それだけお買い物代行は人気の案件なんですね。

ビズシークの評判・口コミはかなり微妙

自分に合ったクラウドソーシングサービスを見つけられるよう選択の中にビズシークも入っていますね!

案件数が6件は少ないですね。

これでは自分に合った仕事を選ぶのも難しいです。

すでに、なんとなくあやしいというイメージが定着してしまっているのかもしれませんね。

 

bizseekの仕事はどんなのがある?

ビズシークの仕事は、『コンペ方式』と『プロジェクト方式』の2種類あります。

『コンペ方式』

自分のやってみたい仕事があったら依頼内容に沿った作品を作成して提案します。

見事合格した場合は納品し、報酬を受け取り、最後にクライアントの評価を行い仕事終了となります。

『プロジェクト方式』

自分が挑戦してみたい仕事を見つけたら、見積もりや納品計画などを提案します。

もし採用されたらクライアントと仕事内容や納期などについて相談し仕事を開始します。

依頼された仕事を納品し、クライアントから承認されたら報酬を受け取り、クライアントの評価を行い仕事終了となります。

おもな案件内容

現在おもに以下のような仕事内容があります。

・システム開発
・デザイン制作
・ライティング
・アンケート
・梱包などの軽作業

案件数自体はちょこちょこあるのですが、早く応募しないとすぐに埋まってしまうことが多いです。

人気のある案件ならなおさらですね。

中でも梱包や軽作業に含まれる『お買い物代行』案件が比較的多いようです。

ビズシークの手数料はどれくらい?

システム手数料は業界最安値

システム手数料が業界最安値といわれているビズシークですが、これはワーカー側の手数料で、クライアント側はシステム手数料はかかりません。

ほかのクラウドソーシングサービスではワーカーに対して20%かかるところも、ビズシークでは最大10%で済むところも魅力のひとつといえます。

たとえば報酬が10万円以下の場合には報酬金額の10%、10万円以上の場合には報酬金額の5%がかかります。

キャンセル料

これはおもにクライアント側にかかる手数料です。

以下の場合、クライアントがビズシークへ事前に支払っていた仮払い分は、ワーカーへ支払われます。

プロジェクト案件の場合

・ワーカーが提案をして採用したのにキャンセル手続きをおこなった場合
・採用になってからクライアントと連絡が途絶えた場合

システム手数料(10%)を差し引いた仮払い分全てワーカーへ支払われます。

コンペ案件の場合

提案件数によって20〜50%のキャンセル料がかかります。

さらにキャンセル料からキャンセル手数料(15%)を引いた金額がワーカーへ支払われます。

振込手数料

報酬を受け取る際の振込手数料は、楽天銀行であれば108円、そのほかの金融機関は540円かかります。

年間20万円以上稼ぐと確定申告が必要!

副業の確定申告については以下の記事でまとめているので、ぜひ。

正社員・公務員が副業するときの4つのヤバイ注意点【会社員の税金対策】
  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-クラウドソーシング

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.