アフィリエイトで100記事書くための"記事ネタの探し方とコツ"まとめ

アフィリエイトで稼ぎたいとブログを始めたはいいものの、「記事のネタが無くて困っている!」なんて人も多いはず。

ちなみに当ブログの現在の記事数は500記事以上で、収益は月700万前後が多いですね。

今回は「まずは100記事書きたい!」という人のために"記事ネタの探し方"をいくつかまとめてみました!

こちらもCHECK

ブログ収益を公開してみた【現在300万/月】

続きを見る

おすすめの副業51選!稼げる在宅ワークをランキングしてみた【2021年版】

続きを見る

ブログのアクセスアップに役立つSEOツール23選(完全版)

続きを見る

ブログアフィリエイトでの"記事ネタを捜す4つのコツ"

Goodキーワードで関連キーワードから作る

私は基本Good KeywordとGoogleで検索した際に表示される関連キーワードから作ることが多いですね。

多くの人に読まれる記事を書く時には、「みんながどんな情報を知りたがっているか」がかなり重要です。

Goodキーワードを使えば、「検索数が多い=読者が求めていること」が分かるので、キーワードの組み合わせを1つずつ消化しながら記事を書いていくのがおすすめです。

同じテーマで毎日ブログを書いていると、だんだんと書くネタがなくなってくるので、そんな時はGood Keywordを使いましょう。

Googleの検索時に表示される関連キーワードも入れるとより効果的ですよー!

関連ブログをフォローして他のブログから記事ネタを捜す

自分のブログテーマに関連するブログや、気になるブログをフォローしておき、定期的に記事ネタを探したり参考にするのもひとつです。

自分では考えなかった切り口で書かれていることも多く、視点を変えるためにも役立ちますね。

トレンドの情報をブログテーマと絡めてみるのもオススメ。

あくまで他のブログとは被らないオリジナルの記事じゃないと意味がないので、自分の考察や視点で新たに記事を書きましょう!

ブログに関連するニュース記事について書く

日々流れるニュースも、意識してみてみると自身のブログで記事に出来そうなネタが多いことに気づきます。

ニュースが注目を集めているなか、自分なりの視点でニュースに対する考察を加えることで、よりシェアされやすい記事になります。

どんなニュースも視点を変えてみておくと、ブログ記事のネタになりますよー!

書籍に書かれている内容を自分なりに解釈して書く

書店にいき、自分のブログに関連する本の中から自身の経験とリンクさせて考え、オリジナル記事にするのもひとつです。

コピーしてはいけませんが、近い内容のブログを書くのは問題ありませんし、記事ネタ探しに最適ですよー!

100記事書けばロングテールアクセスが手に入る

必ずしもビッグキーワードで上位が取れなくても、記事数であったり文章量が多ければ、"ロングテールアクセス"が得られるようになっていきます。

ちなみにアフィリエイトにおけるロングテールとは、ビッグキーワードからのアクセスよりも、"検索する人が2,3人しかいないキーワード群"の方が全体のアクセス数のほとんどを占めていることを指します。

Amazonでいうと、「売上げの80%は、人気商品ではなく、人気のない商品が占めている」ことになります。

つまり、文章量やコンテンツ量が多ければ、1位を取らずともアクセスは稼げるという訳ですね。

毎日記事を更新していれば、3ヶ月では90記事も貯まってきます。

書くことに慣れていないと100記事書くのは高い壁ですが、ブログは良質な記事が集まるほど収益を得られる資産となります。

記事作りがどうしても大変な人はクラウドワークスなどを使えば、ライターさんを外注できるのでおすすめですよー!

クラウドワークスとは?副業の探し方・評判・仕事内容を完全解説【2021年】

続きを見る

きぐち

ブログ17年目。月800万PV達成。30年分くらい貯金できたので、今はFIRE(早期リタイア)してゆったり生きています。

-アフィリエイトのコツ