お風呂+くみ上げポンプで
水道料金を大幅に節約する方法

水を使うものでも一番大きな節約が出来るお風呂

残り湯を洗濯に利用する方も多くなってきましたが、
お風呂には効果的な節約術が多く存在しているので
以下の節約術を使って毎月の水道料金をグっと安くしていきましょう。

お風呂の残り湯+くみ上げポンプで節約を!

お風呂の残り湯は水道料金の節約には必要不可欠なので
以下の方法でお風呂の残り湯を活用していきましょう。

1、洗濯に利用する。

お風呂の残り湯を利用する一番有名な方法です。

お風呂の水をくみ上げポンプを使って洗濯機に移します。
最近の全自動洗濯機にはくみ上げポンプ付きの物もあるのですが
まだ持っていない人は絶対に持っていた方がお得な節約グッズですよ。

2、水やりや掃除に利用する。

残り湯をポンプでくみ上げた際にタンクなどに貯めておけば
庭の畑の水やりにもお風呂の残り湯を有効活用できます。

また玄関の掃除などにお風呂の水を活用する方も多いそうです。

お風呂の浴槽とシャワーはどっちが節約的?

浴槽にお湯を貯める場合シャワーで済ます場合
実際はどちらが節水できるのでしょうか?

浴槽の平均水量シャワーの水量を計算すると
シャワーを合計16分使うと浴槽と同じ水量になるそうです。

しかし、実際は浴槽に水を貯めたとしても
洗顔時洗髪時にシャワーをある程度使ってしまいます。

これも含めると、家族全員がシャワーのみでお風呂を済ませた場合、
約20分以内ならシャワーの方がお得だという事になります。

更に低水圧の節水シャワーヘッドを使う事で
シャワー代も一割〜二割の節水をすることができますし
2〜3人家族の場合は確実にシャワーで済ます方が安いでしょう。

しかし、浴槽に貯めておけば残り湯の活用が出来ます。

結論としては、残り湯を使う時は浴槽に貯めた方がよく、
残り湯を使わない時は節水シャワーで済ますのが良い
と思います。

しかし、時間を計ったり次の日を考える手間の割には
そこまで大きな節約ではない為、どちらでも良いかも(^^;)

お風呂の追い炊きにかかる電気代を節約!

水道代ではありませんが、お風呂関係ということで
追い炊きに関する節約術もご紹介いたします。

追い炊きをなるべく少なくする事で
電気代 or ガス代を節約することが出来ますが、

この追い炊きを少なくする為には、
なるべく家族や子供兄弟でお風呂に入ることです。

小さなお子さんがいる場合ならば一緒に入ることで
追い炊きをする回数も減り、水かさが増して水道代も節約出来ます。

また、入る直前にお風呂を焚くことはもちろん、
なるべく家族が連続で入れるようにすることも大切です。

これらの節約法を活用して少しでもお風呂の水を節約していきましょう!

●この記事に関連するコラム

お金を稼ぐ方法をトップから見る

↑ページの一番上に戻る

カテゴリー
ネットビジネスまとめ(51)
アフィリエイト・内職(45)
ポイントサイトの攻略(33)
Webサービスのまとめ(39)
ウェブ制作・SEO関連(56)
月10万円稼ぐ最短マニュアル
注目の記事トップ10
お金を稼ぐには結局、何をしたらいい?今から始める27のお金の稼ぎ方
ブログ1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収入をまとめてみた。
ポイントサイト完全比較ランキング - 2017年のお小遣いサイトTOP10
「ネットでお金を稼ぐ方法」32種類を全部まとめてみた。(前編)
おすすめポイントサイトを比較!
お小遣いサイトランキングTOP5
アドセンスで300万円越えたので「ブログで稼ぐための20の方法」を公開します。
【SEO対策】2017年も使えるブログのアクセスアップ手法21個まとめ
おすすめのネット副業30選まとめ - いま人気の在宅副業ランキング
累計ネット収入が1億円を突破!
ポイントサイトの収入明細を公開!
ブログアフィリエイトでお金を稼ぐための8つのノウハウとSEO
今月のおすすめサービス
  • ポイントサイトのモッピー

Copyright 2004-2017, ネットで稼ぐ方法をマスター!All Rights Reserved.(お問い合わせはkanemotilevel@gmail.comへ)