ストロングやメタタグの効果は?
やっても意味のないSEO対策とは

SEO対策をしているとよく
<strong>タグや<meta>タグを使いましょう。
という言葉を聞く事が多いかと思います。

しかし、SEOのプロの中には

「これらのタグは効果がなく、古いSEOスパマーしか使わない。
過剰なSEOかどうかはこのようなタグで見極められる」

という人もおり、SEO的な効果にも疑問を持ってしまいます。

しかし、中には<strong>タグは効果が薄くなったものの
いまだに少しの効果があると言う専門家もいます。

実際、これらのタグにまだ効果はあるのでしょうか?

ストロングとメタタグに効果はあるのか

<strong><b>と同じく太字になり、
囲ったワードは検索エンジンに重要視されやすくします。

<meta>タグはページの中での重要度の高いワード
一部の検索エンジンの検索結果に説明文を表示することが出来ます。

これらのタグにはどれくらいの効果があるのでしょうか?

<strong>は多少の効果があると言われていますが
他の要因の方が目立つため、<strong>自体の効果は証明できません。

効果があったとしても少しの効果しかないかと思われますが、
1ページあたり3〜5つの<strong>は付けてみてもいいかと思います。

また、<meta descriptin>は順位には影響しませんが、
優れた説明文ならばクリック率を大幅に引き上げます。

クリックしたくなるタイトルに効果的な説明は、
訪問者を更に呼び寄せる効果が期待できるでしょう。

<meta keywords>についてはSEOスパマーがよく使うものですし
キーワードを入れてもSEO的な効果はありません。(特にgoogleでは)

SEOのやりすぎの一因にもなるので
特に使う必要はないでしょう。(私も全く使ってません)

結果、<strong>、<meta descriptin>にはあまり効果もないですし
<meta keywords>については使わない方がいいかと思います。

どちらにしても大きな加点や減点はないので、
気になる方も全ページを直す必要はないでしょう。

●この記事に関連するコラム

お金を稼ぐ方法をトップから見る

↑ページの一番上に戻る

カテゴリー
ネットビジネスまとめ(51)
アフィリエイト・内職(45)
ポイントサイトの攻略(33)
Webサービスのまとめ(39)
ウェブ制作・SEO関連(56)
月10万円稼ぐ最短マニュアル
注目の記事トップ10
お金を稼ぐには結局、何をしたらいい?今から始める27のお金の稼ぎ方
ブログ1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収入をまとめてみた。
ポイントサイト完全比較ランキング - 2017年のお小遣いサイトTOP10
「ネットでお金を稼ぐ方法」32種類を全部まとめてみた。(前編)
おすすめポイントサイトを比較!
お小遣いサイトランキングTOP5
アドセンスで300万円越えたので「ブログで稼ぐための20の方法」を公開します。
【SEO対策】2017年も使えるブログのアクセスアップ手法21個まとめ
ネットで人気の副業30選まとめ - おすすめの在宅副業ランキング
累計ネット収入が1億円を突破!
ポイントサイトの収入明細を公開!
ブログアフィリエイトでお金を稼ぐための8つのノウハウとSEO
今月のおすすめサービス
  • ポイントサイトのモッピー

Copyright 2004-2017, ネットで稼ぐ方法をマスター!All Rights Reserved.(お問い合わせはkanemotilevel@gmail.comへ)