ページランクは意味がない?

Googleが各サイトに付けるページランク(PageRank)

PRが高いほど上位表示される訳ではありませんが
サイト価値を表すひとつの指標になっています。

現在は個人サイトでは2〜3のランクが一般的で、
このページランクはIEやfirefoxなどのWebブラウザに
Googleツールバーをインストールする事で確認する事ができます。

ちなみに現在のページランクが10のサイトはGoogleやAdobe。
ページランクが9のサイトにはYahoo!やAppleなどがあります。

また、ページランクは良質な被リンクをもらえば上昇し、
約3ヶ月ごとに更新され、被リンクに応じて決められています。

ページランクと検索順位の関係

ページランク検索エンジンでの順位付けを説明するには
アルゴリズムと計算式を説明しなくてはいけないため
ここでは初心者の方向けに簡潔に説明してみたいと思います。

検索エンジンはPRで順位を決めている訳ではありません。が、
リンクポピュラリティ・検索エンジンの評価度合いには関係します。

ページランクが高いということは多くの被リンクを得ているため、
被リンクの少ないサイトよりは検索エンジンに評価されています。

しかし、検索エンジンはドメインの強さよりも
検索ワードとコンテンツが一致しているものを優先するため、

一致率10%のPR3のサイトよりも
一致率80%のPR0のサイトを上位にするのです。

これは同ジャンルからのリンクがある場合ですが

ジャンルAのサイト(PR3)がジャンルBを紹介するよりも
ジャンルAのサイト(PR1)がジャンルAを紹介した方が
順位は上になる訳ですね。

しかし、PRが高い方が相互リンクも受け入れられやすいなど、
PRを高くする事で様々なメリットがあるのも覚えておきましょう。

検索エンジンで上位に表示されるには

検索エンジンで上位表示されるようにするには
同ジャンルのサイトからの被リンクが絶対に必要です。

その為、多くのサイトは相互リンクを設置し、
同系サイトからの被リンクを集めています。

ただ、被リンクが増えれば上位表示される訳ではなく
質の高い被リンクを多く獲得しなくてはいけません。

トップページに100個の外部リンクがあるサイトよりも
なるべく発リンクが少ないサイトからのリンクの方が効果的です。

理想的な相互リンク相手は
「同系のサイトでPRが2以上で発リンクが少ないサイト」です。
(同系のサイトならばPRはリンク価値の指標になります)

ちなみにサイトの被リンク数は以下のツールで分かります。
バックリンク数チェッカー(サービス停止)

今はブログなどで口コミが広まりやすいため、
質の高いサイトならばリンクは集まりやすくなっていますね。

また、外部リンクの他にも内部リンクも重要なのですが
少し長くなるのでまた別の記事で特集したいと思います。

●この記事に関連するコラム

お金を稼ぐ方法をトップから見る

↑ページの一番上に戻る

カテゴリー
ネットビジネスまとめ(51)
アフィリエイト・内職(45)
ポイントサイトの攻略(33)
Webサービスのまとめ(39)
ウェブ制作・SEO関連(56)
月10万円稼ぐ最短マニュアル
注目の記事トップ10
お金を稼ぐには結局、何をしたらいい?今から始める27のお金の稼ぎ方
ブログ1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収入をまとめてみた。
ポイントサイト完全比較ランキング - 2017年のお小遣いサイトTOP10
「ネットでお金を稼ぐ方法」32種類を全部まとめてみた。(前編)
おすすめポイントサイトを比較!
お小遣いサイトランキングTOP5
アドセンスで300万円越えたので「ブログで稼ぐための20の方法」を公開します。
【SEO対策】2017年も使えるブログのアクセスアップ手法21個まとめ
ネットで人気の副業30選まとめ - おすすめの在宅副業ランキング
累計ネット収入が1億円を突破!
ポイントサイトの収入明細を公開!
ブログアフィリエイトでお金を稼ぐための8つのノウハウとSEO
今月のおすすめサービス
  • ポイントサイトのモッピー

Copyright 2004-2017, ネットで稼ぐ方法をマスター!All Rights Reserved.(お問い合わせはkanemotilevel@gmail.comへ)