GoogleとYahooで出てこない?検索圏外から回復するにはSEOのやりすぎをやめろ!

更新日:

検索エンジンで有名なGoogle・Yahoo・Bing。

中でもGoogleからのアクセスは絶大で、全体の検索量の80%近くはGoogleだと言われています。

しかし、現在「検索エンジンから圏外追放」に悩んでいる方も多く、「サイト名で検索しても出てこない」「トップページだけ検索しても出てこない」という人も多いです。

これを今ではTDP(トップページダウンペナルティ)と言いますが、このペナルティが課されてしまうと以下のような状態になってしまいます。

1)狙っているワードで検索しても100位にも出てこない。
2)全ページに共通して検索エンジンからのアクセスが激減する。

などのマイナスが生まれてしまいます。

このTDPになってしまう理由を知るために、まずは何が原因なのかを突き止めていきましょう。

圏外になるのは、ブログに原因があるから!

昔はYahooとGoogleは別の検索エンジンだったため、質の低いサイトでもYahooでならば上位表示することも可能でした。

しかし、YahooもGoogleの検索アルゴリズムを使っている今では、Googleのアルゴリズムに適応したコンテンツを作らなければいけません。

ここで、SEOを意識しすぎて「キーワードを詰め込んだ質の低いページ」を作ってしまうと、検索圏外に飛ばされてしまう理由の1つになってしまいます。

なぜなら、「ユーザーが直帰するようなコンテンツ」は順位が下げられてしまうからです。

直帰率を下げればブログの順位は上がる!

今は検索したユーザーがちゃんと最後まで読んだか、「戻るボタン」を押して他の検索結果に行っていないかまでアルゴリズムに組み込まれています。

つまり、「読者が満足していないコンテンツ」はすべて順位が低くなるようになっているんですね。

だからこそ、読者を満足させるコンテンツに書き直すだけで、ほとんどの場合は検索順位を大きく上げることができるんですね。

他にも検索エンジンで圏外になったときの回復法はたくさんあります。

効果的な検索エンジン圏外からの回復方法

ネット上では圏外からの復帰に関して、様々な情報があります。

キーワード頻度は3%前後がいい。
質の低いサイトへのリンクをやめる。
記事を完全にオリジナルのものにする。
背景に近い文字色や小さい文字を使わない。

私も全ての方法を試しましたが、一度圏外になったブログは上記の方法をやっても全く復帰できませんでした。

しかし、ある方法を試した所、意外にもあっさりと圏外から回復することができました。

その方法とは「狙うキーワードに対してのSEOを抑えること」です

例えば私は「ネット稼ぐ方法」をタイトルにし、見出しと文章内にもキーワードを入れ、頻度は3%、「ネット」と「稼ぐ方法」の近接度もかなり高くなっていました。

しかし、全体から狙っているキーワードを減らして、読者のための文章を増やし、頻度は2.5%ほどに落とし、「ネットで稼ぐ方法」という組み合わせ自体を少なくしてみました。

すると、100位にも入っていなかったブログが、「ネット稼ぐ方法」で17位までに回復することが出来ました。

検索エンジンへの最適化のやりすぎ、SEOのやりすぎで圏外になっているブログがあまりに多いので、困っている人は一度、上記の方法を試してみる事をお勧めします。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-Web制作とSEO

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.