車の燃費向上グッズの効果を検証 - 省燃費アップ商品の比較ランキング

更新日:

ガソリンの値上がりを経験したことによって、最近では燃費に興味を持った人も増えてきました。

そこで今回は燃費向上グッズの効果の検証と低燃費な運転のやり方について特集します。

様々なガソリン代の節約術を活用して、少しでもガソリン代を節約していきましょう。

車の燃費改善グッズに効果はあるか?

最近「燃費向上グッズ、省燃費グッズ」が溢れていますが、果たして燃費を向上させる大きな効果があるのでしょうか?

結論からいうと燃費を大きく改善する効果はありません。

しかし、利用者のネットアンケートによると、実際に燃費がよくなったという方も多くいます。

ただ、全く燃費の向上につながらないグッズも多く、それらのインチキ商品ではまず燃費は上がらないでしょう。

効果のある燃費向上グッズの比較&ランキング

以下は世に存在する割と有名な燃費向上グッズを比較し、ネットでの効果、クチコミなどを頼りにランキングにしてみました。

1位 ネオソケットハイグレード

2位 PIVOT エコ運転支援装置 e-drive

3位 アクティブ・クーラント・エフェクター

上記から見て頂ければ分かるかと思いますが、安い商品もあれば高価な商品も多く存在します。

これらの燃費向上グッズを使うのもいいのですが、運転の方法を変えることでもかなりの効果があります。

以下の燃費を上げる運転の仕方も覚えて、年間でのガソリン代を節約していくのもいいでしょう。

省燃費にはアイドリングストップ!

ガソリン代の節約とともに、環境にも良いアイドリングストップ。

最近の省エネ自動車によっては、自動アイドリングストップ機能が付いている車もあるそうです。

車で人を待っている時や、ある程度止まっている時はなるべくエンジンを切ってアイドリングストップを心がけましょう。

しかし、信号待ちでのアイドリングストップは短時間すぎて、省燃費ではなく逆にガソリンを消費してしまうこともあります。

ちなみにエンジンをかけた時に燃料を消費してしまうのですが、5秒以上のアイドリングストップならば省燃費になるそうです。

本格的にアイドリングストップを心がける人は、信号が赤に変わり始めた時だけ活用してみましょう。

不必要なクーラーをやめて燃費を抑える!

クーラーを使わないだけで燃費が一割良くなるそうです。

しかし、真夏や真冬にクーラー、暖房なしは辛いので、不必要な時のみクーラーを控えるようにしましょう。

例として、夏は運転前に車に入ると非常に蒸し暑いですね。

この場合、すぐにクーラーを付けるのではなく、全ての窓を全開にし、ある程度の換気をしてからクーラーをつけるようにしましょう。

また、ゆっくり冷やすよりも一気に冷やした方が効率的なので、一気にクーラーを使うことで、車内の温度をかなり調節できます。

クーラーの使用を控えるのはなかなか難しいですが、無駄だなと感じた時は控えるようにすると効果的でしょう。

急なアクセルとブレーキはやめよう!

急アクセルや急ブレーキはかなりガソリンを消費してしまいますが、どう気をつければいいか分からない方も多いと思います。

急なブレーキを抑えるひとつの方法として、前の車との車間距離をあける方法があります。

車間距離が狭いとブレーキを使う頻度が多くなるため、無駄なガソリンを消費することが多くなってしまいますし、安全の為にも車間距離はある程度空けておいた方がいいでしょう。

また、止まる時もなるべくエンジンブレーキを使う方がブレーキにかかる無駄なガソリンを消費しません。

発進や減速を全てゆっくり行うことで、かなりのガソリンを節約出来ると思われます。

他にも車体が重くなって燃費が悪くならないよう、なるべく積んでいる荷物を少なくするという方法もあります。

このような燃料の節約を心がけて、燃費をどんどん向上させていきましょう!

「ネット副業の入門」を読む

ネット副業を1から学びたい人は

レベル1「ネットで稼ぐって?」

続きを見る

毎月のネット収益も公開中!

1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開【月350万前後】

続きを見る

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.