サラリーマン・社会人はアルバイトや副業をしてもいいの?いくらまで?【サイドビジネス】

更新日:

以前こんなメールが来ました。

「会社で副業が禁止されているのですが、サイドビジネスで少し稼げるようになってしまいました。確定申告をどうしようか現在迷っています。副業分を申告すると会社にバレてしまいますか?」

確かにサラリーマンの方が副業をしている場合、会社によってはバレるとちょっとまずいですよね。

しかし、稼げるようになると必ず確定申告をしなくてはいけません。

今回は会社に絶対にバレない副業の申告方法をまとめてみたので、副業がうまくいっている社会人の人はぜひ参考まで。

「副業クエスト100」の人気記事はこちら。

2018年のアフィリエイト収益・ポイントサイト収益を公開【月220万前後】
おすすめのネット副業30選まとめ - 人気の副業ランキング【2018年版】

どれくらい稼いだら申告しないといけないの?

まず、副業で稼いでいると言っても年間の利益が20万円未満ならば申告する必要はありません。

しかし、年間で20万円以上を稼いでしまえば、少し面倒ですが確定申告をしなくてはいけません。

副業がバレるのは「住民税」が上がるから。

副業をしている場合、普通に確定申告をしてしまうと会社にバレてしまいます。

ではなぜバレてしまうのでしょうか?

税務署員がわざわざ会社に告げ口している訳ではなく、会社は「住民税の増加」で、もう一つの利益(副業)を知ります。

サラリーマンは給料から住民税が天引きされるので、他の利益があると自分だけ住民税が上がるため、「他に何か仕事をしているのか」なんてことになってしまう訳です。

会社に副業がバレない「確定申告の方法」

住民税でバレるのであれば、副業分を会社で天引きせず自分で支払えば絶対にバレない訳ですね。

確定申告書の住民税の項目に、特別徴収普通徴収の選択肢がありますが、

特別徴収は住民税を給料から天引きする方法で、普通徴収は個人が支払う方法なので、普通徴収にチェックすれば会社にサイドビジネスがバレることはないでしょう。

サイドビジネスで稼いでいる人はこの方法で申告すれば安心なので、税金面は心配せずにもっともっと稼いでいきましょう!

もう少し詳しく知りたい人は、以下の記事も併せてお読みくださいませ。

会社に副業がバレない"確定申告のやり方"をまとめてみた【サラリーマンの税金対策】

続きを見る

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-ネット副業100選

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.