生活消耗品の簡単な節約方法 - 小さな節約で貯蓄をしよう!

更新日:

今回は生活用品、消耗品の節約術をまとめました。

生活用品ひとつひとつの値段は安いものですが、全体で節約すれば一年でかなりのお金を節約できます。

消耗品にかかる無駄なお金を節約して貯蓄を増やしていきましょう!

食器洗い時の洗剤を節約しよう

食器洗いをする際の洗剤を節約するには、食器を水につけておく付け置き洗いがお勧めです。

つけ置きしておけば汚れが落ちやすくなり、少しの洗剤で食器を洗う事が出来るようになります。

また、洗剤は薄めても十分食器を洗う事ができるため、最初に洗剤を2つに分け、水を半分足しておきましょう。

これなら洗剤の量が倍になりますし、2倍に薄めても十分洗えます。

また詰め替える時も安い詰め替え用洗剤を買うことで、更に食器洗いの洗剤代を節約する事が出来ます。

つけ置き洗いと2倍に薄めるウラ技も使って、食器洗い時の洗剤を節約していきましょう。

ラップを節約する方法

食べ物を保存する際に毎日使うサランラップ。

ほとんどのラップのサイズは30cmのものが多いのですが、小皿や小さいお椀には横幅が余計に長くなってしまいます。

しかし、横幅の狭いラップを買おうとすると、30cmのものと比べてなぜか少し値段が高くなっています。

そこで幅の狭いラップを安く自作してしまいましょう。

通常サイズのものを万能ハサミで半分に切るだけで、簡単に横幅15cmのラップを2つ作ることが出来ます。

通常のラップよりもあまり使わないサイズですし、一度2本に切ってしまえば結構長く使う事が出来ます。

小皿にはこの幅の狭いラップを活用して、無駄なラップ代を節約していきましょう。

ジップロックのフリーザーバッグを使おう

上記の方法とは別にラップ自体を節約することもできます。

ジップロックのフリーザーパックならば、ラップよりも耐久力が高く、何度も使う事が出来ます。

また、様々な食材をジッパーで密閉保存できるため、鮮度を保てますし、値段もそこまで高くはありません。

今までジップロックを試したことがない人は、一度ジップロックのフリーザーバッグを使ってみましょう。

切れた電池を有効活用しよう!

電池が切れた場合、多くは1つの電池だけが切れており、それ以外の電池はまだ使えることも意外と多いです。

リモコンの電池や置き時計の電池など、動かなくなったらどの電池が切れているのかを確認しましょう。

使い捨てカメラの中に入っている電池もフラッシュ時にしか使わないため、多くはまだまだ使えます。

使える電池は残しておいて、他の物に代用するといいでしょう。

また、電池が切れた際に少し回すと使えるようになることも多いので、切れたと思ったら電池を指でクルクル回して電力を復活させましょう!

掃除機の紙パックを節約しよう

今は紙パックがいらないダイソンなどのサイクロン掃除機がありますが、ほとんどの方はまだ通常の紙パック式掃除機を使っているかと思います。

この紙パックはごみが貯まったら使い捨てすることが多いのですが、中にあるゴミをある程度取ってしまえば何度か使う事が出来ます。

今まで紙パックごと捨てていた人は、最低でも2〜3回使ってから捨てることで、掃除機の紙パック代を半分以下に済ませることが出来ます。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-節約術まとめ

Copyright© 副業クエスト100 , 2019 All Rights Reserved.