GoogleAnalyticsで役に立つ5つのTips - サイト改善でアクセスアップをする方法

投稿日:

アクセス解析にGoogleAnalyticsを使っている方も多いですが
得られる解析結果をしっかり利用することができれば
今あるアクセスを大幅に増やすことも可能です。

今回は最重要かつシンプルなノウハウを5つ紹介しますので
サイト運営を始めた方はぜひ以下をご覧下さいませ。

GoogleAnalyticsで使える5つの機能

1,インテリジェンスのアラート機能

「急にアクセスが増えたけどその理由が分からない」
そんな時にインテリジェンスの機能が役立ちます。

インテリジェンスではアクセスが急増した時激減した時など
アクセスが増えたページなどの要因を自動で検知してくれ、

どのページどこからのリンクどう増えたのか
わざわざ調べなくてもすぐに一括表示してくれます。

また、カスタムアラートでキーワードなどを設定しておけば
「〜というキーワードでアクセスが〜%増えた時に教えて欲しい」
という細かい設定もできるようになります。

2,ベンチマーク

ユーザーの欄にあるベンチマークですが
他サイトとの比較に使えるのでぜひ利用しましょう。

ベンチマークでは他のサイトの平均値と比べて
どれくらいの直帰率、アクセス数、平均滞在時間、
ページビューなのか
を簡単に比較することができます。

また、詳細に分けられたカテゴリを選ぶことで
自分と同じジャンルのサイト群とも比較することが出来ます。

3,直帰率

直帰率は非常に大事な解析結果です。

国内、海外の1000以上のサイトを比較したデータを見ると
直帰率の平均は約44%ほどのようで、この数値と比べて
あまりに直帰率が高い場合(55%以上など)は見直しが必要でしょう。

ちなみに直帰率が高くなってしまう理由を挙げると

1,サイト内容が見づらく、理解しずらい。
2,TOPページに寄らせる構造、デザインになっていない。
3,ぱんくずリストや類似記事リンクなどの誘導がない。
4,重たい画像の多用で表示に時間がかかる。
5,全体的なデザインが良くないorインパクトがない。

などの部分が挙げられます。

直帰率を数%上げるだけでも成果はかなり変わってくるので
内部施策も施して訪問者を取りこぼさない努力も必要でしょう。

4,トラフィック欄

こちらにも重要なサイト改善方法がたくさんあります。

・検索エンジン
どの検索エンジンからの訪問者が多いのかが分かるため、
スパムフィルターにかかってるかどうかがすぐに分かります。

Yahooのアクセスだけが極端に少ない場合などは
TDPなどのペナルティにかかっている可能性を疑いましょう。

・キーワード
キーワードの最適化は最重要です。

各記事を狙い目キーワードに寄せるだけでも
かなりのアクセスアップ効果が見られるかと思います。

5,コンテンツ欄

上位のコンテンツ、閲覧開始ページは非常に重要です。

直帰率や離脱数の多い「ダメなコンテンツ」を最適化することで
多くの訪問者をサイトに留まらせることが可能です。

「ページ数が多すぎて内部施策が面倒だ!」という人は
とりあえず閲覧開始ページ離脱数を数値の高い順にソートして
上位のページだけでもサイトTOPなどに誘導するといいでしょう。

  • この記事を書いた人

きぐち

30代。猫が好き。ポイントサイトとブログで累計2億円以上稼いだノウハウをまとめてます。メインコンテンツはこちらから! → Lv.1 ネットで稼ぐって?

-Web制作とSEO

Copyright© 副業クエスト100 , 2018 All Rights Reserved.